• ホーム
  • 音楽
  • 聖飢魔IIが再集結 『貞子vs伽椰子』に新曲書き下ろし「期待して待つように」

聖飢魔IIが再集結 『貞子vs伽椰子』に新曲書き下ろし「期待して待つように」

 悪魔の集団・聖飢魔IIが映画『貞子vs伽椰子』(6月18日公開)の主題歌を書き下ろしたことが5日、わかった。今年2月の日本武道館公演を最後に地球デビュー以降5度目の解散を果たし、魔界へと帰還していたが、デーモン閣下は「貞子と伽椰子が戦うというのは大変な事態なので、吾輩が聖飢魔IIを特別要請し、両名の決着の場を華々しい音楽で盛り上げる運びとなった」とコメント。主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」は、6月15日に小教典(シングルのようなもの)として発布(発売)される。

 同作は、Jホラーの2大キャラクター、『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子の対決を描くホラー。

 今にも争いそうな貞子、伽椰子、俊雄とともに動画でコメントを寄せたデーモン閣下は、6月に開催される魔界・霊界サミットでホスト役を務めることになったと話し、VIPたちが集まる失敗できない状況を前に、貞子と伽椰子の仲裁役として魔界からきていると説明。

 どうしても決着つけたいという希望を受けて、「6月の魔界・霊界サミットにおいて、この両名が戦う場をちゃんと用意しようということで話は落ち着いているわけである」と、映画での対決につながっていると明かしている。

 閣下は「各構成員とも両名の戦いのために、音楽をつくり、それはそれはイキな曲を用意しているので期待して待つように」と自信をのぞかせる。さらに「人間どもに不吉なことが次々に起こる魔界・霊界サミットに参加しないという人間どもは我々から特別ひどい呪いをかけることになっているので十分に注意するように。そして、戦いの場に参加するように。これは最後の警告だ。カッカッカッカッカカカカカ……」と不吉な笑いを響かせている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス