• ホーム
  • デジタル
  • 『バイオハザード』ミュージカル化 主演は元宝塚トップ柚希礼音

『バイオハザード』ミュージカル化 主演は元宝塚トップ柚希礼音

 カプコンの人気ゲーム『バイオハザード』がミュージカル化されることが16日、わかった。昨年5月に宝塚歌劇団を退団した元星組トップスターの柚希礼音が舞台初主演を務め、9月から11月にかけて東京・大阪にて上演される。

 1996年にシリーズ第1作の発表以降、シリーズ累計販売本数6500万本を誇るホラーゲームの代名詞『バイオハザード』。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の実写映画シリーズが製作されたほか、昨年は舞台化も上演された。

 今回はミュージカル化とあって、ゲーム世界を大胆に脚色。演出を担当するのは、『マイ・フェア・レディ』『嵐が丘』など、多岐にわたり活動しているG2氏で、柚希とともに世界観を作り上げていく。

 公演タイトルは『ミュージカル バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜』で、9月30日から10月12日まで東京・赤坂ATCシアターで、11月11日から16日は大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演される。



オリコントピックス