• ホーム
  • 映画
  • 木梨&室井の吹き替え版『ファインディング・ドリー』予告編解禁

木梨&室井の吹き替え版『ファインディング・ドリー』予告編解禁

 2003年に公開され、興行収入110億円を記録する大ヒットを記録したディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』の続編にして、13年ぶりの新作『ファインディング・ドリー』(7月16日公開)の日本語吹き替え版予告編が解禁された。ニモのお父さんマーリン役の声優・木梨憲武と、本作の主役、忘れんぼうのドリー役の室井滋からのメッセージ付き。東京ディズニーシーのアトラクション「タートルトーク」でも人気のウミガメのクラッシュ親子も登場するなど、ファンにはたまらない映像となっている。

 カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、愛する息子ニモを“人間の世界”から救出した冒険の旅から1年後──ニモとマーリンが眠っているシーンからスタート。「あー!そうだったー!」と“家族の思い出”を思い出したドリーは、「ねぇねぇ!私のパパとママってどこに居るんだろう!」と大騒ぎ。そんな“家族の思い出”の謎を求めてドリー、ニモ、マーリンは再び大海原に飛び出していく。

 さらに磨きのかかった独自の映像表現をひっさげて描かれる宝石のような美しさに満ちたファンタジックな“海の世界”。ドリーの家族を探す3匹にはどんな大冒険が待っているのか? 忘れんぼうのドリーにはどんな秘密があるのか?

 13年ぶりにドリーを演じた室井は「今回はドリーが主役で夢みたい! 前作よりもスケールアップしています!」。同じく木梨は「いつかいつかとこの日が来るのを待っていました!パート3は『ファインディング・マーリン』かもしれません!」とコメント。

 新ポスターには、“ドリー寄り添うニモ”、“ドリーを心配そうに見つめるマーリン”、“全然違う方を見ているドリー”の3匹と予告編にも登場するジンベイザメの新キャラクターが描かれている。個性的で魅力あふれる新キャラクターたちも加わり、ドリーの幼少期の秘密を解く鍵を求めて、かつてない大冒険が始まる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』(7月16日公開)。声優に木梨憲武、室井滋の続投も決定(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 13年ぶり、ドリー&マーリン役のお馴染みの声に感激(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オリコントピックス