• ホーム
  • 映画
  • ささきいさお、「宇宙戦艦ヤマト」は“国歌”「歌い方を崩せない」

ささきいさお、「宇宙戦艦ヤマト」は“国歌”「歌い方を崩せない」

 歌手で声優のささきいさお(73)が6日、都内でコンサート『ささきいさお デビュー55周年記念スペシャルライブ・アンコール』を開催した。ささきは、自身の芸能生活を振り返り「芸能界を右往左往してきたので、55周年っていう実感があんまりない。慌ただしくて15周年くらいしか経ってない気がするから、気持ちだけは若いんじゃないかと思います」と謙きょに語った。

【写真】その他の写真を見る


 ライブ前のリハーサルで、軽快な動きで美声を披露していたささきだが、足がしびれて歩行が困難になる脊柱管狭窄症を患っているといい「きょうもステージに階段があって『使ってくれ』ということなんで、不安なところもある」とポツリ。足腰を鍛えるため、エアロビクスなどのトレーニングは欠かさずこなしているようで「パタッとなるまでは、元気でいきたい。夫婦の約束で『お互いに元気でいて、なるべく世話にならないようにしよう』と言ってます」とアピールした。

 自身の代表曲「宇宙戦艦ヤマト」については「昔(の歌い方)は、ぶつけるだけで若さあふれるって感じだった。今は受け止めながら、ぶつけるところはぶつけていくようにしているので、自分の中では深くなったなと思う」としみじみ。「聴いている方からしたら『変えてほしくない』というのがあるので、やっぱり『ヤマト』は歌い方を崩せない。君が代を歌うような気持ちで歌わないと失礼だと思っているので、それだけは気をつけてます」と、“国民的アニメソング”を歌唱する心構えを明かしていた。

 同コンサートでは、デビュー55周年記念シングル「今の向こうの今を」を5月25日に発売することを発表。会場を訪れた1100人のファンを前に、同曲を初披露した。



関連写真

  • “アニメソング界の大王”ことささきいさおがデビュー55周年記念バースデーライブのアンコール公演で「宇宙戦艦ヤマト」をはじめ人気アニメ・特撮番組の主題歌を熱唱(C)ORICON NewS inc.
  • デビュー55周年記念シングル「今の向こうの今を」(5月25日発売)を初披露
  • 実は脊柱管狭窄症を患っていることも告白
  • デビュー55周年記念バースデーライブのアンコール公演を開催した“アニメソング界の大王”ことささきいさお
  • 実は脊柱管狭窄症を患っていることも告白 (C)ORICON NewS inc.
  • 記念シングル「今の向こうの今を」も初披露した (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス