• ホーム
  • 音楽
  • 鈴木杏樹『MUSIC FAIR』涙で卒業発表 恵俊彰と3月末でラスト

鈴木杏樹『MUSIC FAIR』涙で卒業発表 恵俊彰と3月末でラスト

 女優の鈴木杏樹とタレントの恵俊彰が、3月いっぱいをもって司会を務めるフジテレビ系音楽番組『MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)を卒業することが19日、わかった。同日、東京国際フォーラムで行われた2600回記念コンサートで発表された。

 1964年からスタートし、13日の放送で2600回を迎える同番組。ウィークリー番組では日本最長寿となっており、鈴木は6代目として古手川祐子よりバトンを引き継ぎ1995年10月より司会に就任。2001年4月に日曜午後11時から現在の放送枠に移行するタイミングで恵が7代目司会として加わり15年、番組の顔を担い続けた。

 コンサート終盤、恵が「今夜をもちまして『MUSIC FAIR』を卒業します」と発表。どよめきが起こるなか、鈴木は瞳を涙でうるませながら「私は『MUSIC FAIR』と出会って気がつくと20年と半年が経っていました。今年でデビューして25年目ですので芸能生活の大半を歩ませてもらいました」と感謝した。

 さらに鈴木は「この番組はすばらしいアーティストの皆さまや音楽と出会わせてくれました。これは私が鈴木杏樹である前に一人の人間としての宝物。この宝を私に与えてくださったお客さま、心から感謝してます。心からありがとうございました」と号泣。恵も「15年という間、あっという間でした。私の人生を豊かにしてくれました。本当にありがとうございました」と感謝を込めた。

 この日は、森山良子谷村新司さだまさし鈴木雅之ゴスペラーズゆずAI水樹奈々JUJU秦基博三代目 J Soul BrothersE-girlsクリス・ハート、ゲストミュージシャンとして宮本笑里が個性豊かなステージを展開し、2時間半で21曲を披露した。アンコールでは司会の2人から紹介された出演者から1本ずつ花束をプレゼント。恵は「『MUSIC FAIR』は永遠です!」と呼びかけ、会場からは割れんばかりの拍手が巻き起こった。

 また同コンサートの模様は来月3月5日、12日、19日、26日と4週にかけて放送。二人の司会は26日の放送をもってラストとなり、後任は後日、発表される。



関連写真

  • 瞳を涙でうるませていた鈴木杏樹(右) (C)フジテレビ
  • 『MUSIC FAIR』を卒業する恵俊彰、鈴木杏樹が抱擁 (C)フジテレビ
  • 都内で開催された『MUSIC FAIR』放送2600回記念コンサート (C)フジテレビ

オリコントピックス