• ホーム
  • 芸能
  • 『ローゼンメイデン』新シリーズ「0」が連載開始 舞台は大正時代

『ローゼンメイデン』新シリーズ「0」が連載開始 舞台は大正時代

 2014年に完結した漫画『ローゼンメイデン』の続編となる『ローゼンメイデン-0-(ゼロ)』が、きょう19日に発売された『ウルトラジャンプ』(集英社)3月号でスタートした。

【写真】その他の写真を見る


 千道万里氏とえばら渋子氏のユニット・PEACH-PIT(ピーチ・ピット)が手がける同作は、ローゼンメイデンと呼ばれる意志をもったドール(人形)たちの闘いの物語。02年に『月刊コミックバーズ』(幻冬舎)で連載を開始し、その後『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に移籍。テレビアニメ化もされ、人気を集めた。

 新シリーズ「0」では、本編では描かれなかったローゼンメイデンの知られざる過去を描く。舞台は大正時代で、とある洋館から物語がスタートする。

 また、付録として描き下ろしイラストを使用したミニクリアファイルと、石田スイ氏、小畑健氏、宇木敦哉氏、久米田康治氏、TNSK氏らがこれまでに描いた『ローゼンメイデン』のイラストを1冊にまとめた小冊子が付く。



関連写真

  • 『ローゼンメイデン』が表紙を飾る『ウルトラジャンプ』3月号 (C)ウルトラジャンプ3月号/集英社
  • 描き下ろし! 付録にはクリアファイル (C)PEACH-PIT/集英社
  • 石田スイ氏の描き下ろしも 付録のトリビュート冊子  (C)PEACH-PIT/集英社
タグ

オリコントピックス