• ホーム
  • 芸能
  • “岡山の奇跡”桜井日奈子、初舞台で女優デビュー「精一杯努力して一生懸命に」

“岡山の奇跡”桜井日奈子、初舞台で女優デビュー「精一杯努力して一生懸命に」

 “岡山の奇跡”として注目を集めている桜井日奈子(18)が、5月26日から大阪・梅田劇場シアター・ドラマシティで上演される舞台『それいゆ』に出演することが16日、わかった。同作が女優デビューで初舞台となる桜井は「精一杯努力して一生懸命に舞台『それいゆ』にとり組みたいと思います!!」と意気込んでいる。

 同舞台は、太平洋戦争の混乱期に雑誌『少女の友』の画家として人気を博し、独自の女性誌『それいゆ』を創刊、続いて『ひまわり』『ジュニアそれいゆ』などを発刊したカリスマ的存在・中原淳一氏を俳優・中山優馬(22)が熱演。夢を忘れがちな時代の中で女性たちに暮しもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋を示し、日本のファッション、イラストレーション、ヘアメイク、ドールアート、インテリアなど幅広い分野で時代をリードした先駆者の生涯を描く。

 桜井の役どころは、中原淳一の大ファンで、女優になることを夢見ている女学生。「女優さんになることが目標でした」という桜井は、初演技に「いよいよだなって思うと本当に私にできるかな、と不安にもなります。今はまだ演じる自分のことが想像できないというか…」と素直な思いを吐露。それでも「周りの応援してくださっている方々の期待に応えたいです」と気を引き締めている。

 また、脚本は『LIAR GAME』『ガリレオ』『任侠ヘルパー』『外交官 黒田康作』(すべてフジテレビ)や『ウロボロス-この愛こそ、正義-』『S-最後の警官』(ともにTBS)などを手がけた古家和尚氏の書下ろしで、演出は『37歳で医者になった僕』『グッドライフ』(ともにフジテレビ)などを代表作にもつ木村淳氏が務める。

 「“ひまわり”を探していました。経験の有無、これまでのキャリアは関係なく…“ひまわりのような少女”が舞台【それいゆ】には不可欠なピースです」と、桜井の起用理由を明かした木村氏。「一途に真っ直ぐと、天空を見上げる佇まい…決してそれは叶わぬ想い…それが私が考える“ひまわり”。役者・桜井日奈子は勿論、未知数です。しかし彼女は“ひまわりのような少女”であることを私は確信しております」と信頼を寄せ「彼女が『役者としての第一歩を踏み出す瞬間』を共有できることに、大きな責任感とワクワク感を持って現場に臨みたい、そう考えております」とコメントしている。

 舞台は5月26日から大阪・梅田劇場シアター・ドラマシティ、6月1日から5日まで東京・Zepp ブルーシアター六本木で上演。そのほか、佐戸井けん太施鐘泰(JONTE)、辰巳雄大が出演する。



オリコントピックス