• ホーム
  • 音楽
  • 水曜日のカンパネラ『SXSW』出演決定 米国初パフォーマンス

水曜日のカンパネラ『SXSW』出演決定 米国初パフォーマンス

 ボーカルのコムアイら3人組音楽ユニット・水曜日のカンパネラが、アメリカ・テキサス州オースティンで開催される世界最大規模のフェス『SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)』(3月11〜20日)に出演することが決まった。

 今年で30周年を迎える『SXSW』は、10日間で20万人以上が参加する音楽・映画・ITのコンベンション&フェスティバル。水曜日のカンパネラは「WEDNESDAY CAMPANELLA」として、 3月15日の「Cheer Up Charlies」ステージに登場し、アメリカで初パフォーマンスを行う。

 同ユニットは、コムアイ(主演/ボーカル)、ケンモチヒデフミ(サウンドプロデュース)、Dir.F(何でも屋)の3人組だが、表に出るのはコムアイのみ。昨年11月には海外から見た日本、ユーラシア大陸の旅をキーワードに制作したアルバム『ジパング』をリリースした。



関連写真

  • コムアイら水曜日のカンパネラが『SXSW』出演決定
  • 水曜日のカンハ?ネラが昨年11月に発売したアルバム『ジパング』

オリコントピックス