• ホーム
  • 芸能
  • 菅田将暉、チャラ鬼から一転 和太鼓を力強く叩く「雷さま」に

菅田将暉、チャラ鬼から一転 和太鼓を力強く叩く「雷さま」に

 昨年のCM好感度ランキング(CM総合研究所発表)で年間首位を獲得した【KDDI/au】の「三太郎」シリーズの最新作が、公開された。新作は菅田将暉が演じる鬼ちゃんが、これまでのチャラいキャラから一転、「雷さま」となって力強い響きと華麗なバチさばきで和太鼓を演奏している。

 公開されたのは、「auでんき」のCM。森のなかに突然鳴り響く音の正体を確かめようと、桃太郎(松田翔太)、浦島太郎(桐谷健太)、金太郎(濱田岳)がたどり着いた先で目撃したのは、力強く和太鼓を叩く鬼(菅田)の姿だった。

 鬼気迫る表情で太鼓を叩く鬼の姿に、「鬼ちゃんって…」(金太郎)「まさか…」(浦島太郎)「雷さま…?」(桃太郎)と3人がつぶやくと、太鼓を叩きながら三太郎に振り向いた鬼が「副業っす!」と、いつもの笑顔で答えている。

 菅田は今回のCM撮影前、和太鼓の先生のもとで猛練習。撮影では篝火(かがりび)に囲まれた高い櫓(やぐら)の上で実際に巨大な和太鼓を叩き、その姿には三太郎や現場スタッフも圧倒されたという。

 新CMは30日よりオンエア。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス