和田アキ子、ベッキーは「大人げない」 SMAP存続には安堵

 歌手の和田アキ子が21日、『第27回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の60代部門を受賞し、都内で行われた表彰式に出席。おめでたい場ながらも“芸能界のご意見番”として、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音と不倫報が報じられたベッキーに対して苦言を呈した。

 和田は「私はよくわからないが…」としたうえで、「結婚しているとわかった時点で、騒ぎになった時点で、もう1回LINEするのは、大人げない」とキッパリ。ベッキーと共演歴があるが連絡先の交換はしておらず、「もし飲み友達だったら、連絡先を知っていたら『何やってんだ?』って言います。後味悪いというか。大人げない」と厳しい言葉を送った。

 また、独立・解散報道で揺れた人気グループ・SMAPについても言及。和田は18日に放送された“生会見”を視聴しており、「謝罪会見って皆が言っているけど、なんで謝罪しないといけないのか。何が言いたくて、結局なんだったのか」と疑問を投げかける。それでもデビュー当時から知るSMAPが存続となり「5人でやってくれるのはファンうれしいし、私にとってもほっとした」と素直な心境を語った。

 各年代で最もジュエリーが似合う著名人に贈られる同賞。今年は10代部門を小松菜奈、20代部門を井上真央、30代部門を松下奈緒、40代部門を吉田羊、50代部門を沢口靖子、60代部門に和田、男性部門をDAIGO、特別賞女性部門をももいろクローバーZ、特別賞男性部門を市川海老蔵がそれぞれ受賞した。



関連写真

  • 『第27回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』を受賞した和田アキ子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)市川海老蔵、小松菜奈、井上真央、松下奈緒、吉田羊、沢口靖子、和田アキ子、DAIGO、ももいろクローバーZ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス