• ホーム
  • 映画
  • ケンコバ&ジャンポケ、劇場版『遊☆戯☆王』ゲスト声優に抜てき「めっちゃ興奮」

ケンコバ&ジャンポケ、劇場版『遊☆戯☆王』ゲスト声優に抜てき「めっちゃ興奮」

 お笑い芸人のケンドーコバヤシ、お笑いトリオのジャングルポケットが、劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』(4月23日公開)にゲスト声優として出演することが19日、わかった。新キャラクターとして登場するチンピラ「百済木軍団」のリーダー・百済木を演じるケンコバは「めっちゃ興奮してます」と歓喜。「今まで誰にも見せたことのない、ブラックなケンドーコバヤシをガンガンに出して楽しもうと思ってます! レギュラーのみなさんとの絡みもめちゃくちゃ楽しみです」と意気込んでいる。

 『遊☆戯☆王』は、1996年から2004年まで、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された高橋和希氏の漫画が原作。アニメシリーズ初となる長編映画化が発表されてからというもの、主人公・武藤遊戯の声を担当する風間俊介、ライバル・海馬瀬人を演じた声優・津田健次郎の名コンビの復活、原作者の高橋氏自ら原作・脚本・キャラクターデザイン(製作総指揮)として携わることなどが伝えられてきた。

 本作では、シリーズの中でも特に人気の高い原作最終話以降のアフターエピソードが完全オリジナルストーリーで描かれる。

 お笑い界でもケンコバの後輩にあたるジャンポケは、個性的なビジュアルの手下役で声優に初挑戦。3人そろっての抜てきに「素直にうれしいです」と喜んだが、「リーダーがケンコバさんということで、パシられるのでは!?と、若干嫌な予感はしていますが(笑)新しいジャングルポケットの活躍を楽しみにしていてください!」と呼びかけている。



関連写真

  • 劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』にゲスト声優として出演するケンドーコバヤシ (C)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会
  • ジャングルポケットは声優初挑戦 (C)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会

オリコントピックス