• ホーム
  • 音楽
  • 横山由依、こじはる助け舟に絶叫「一生卒業しないでください!」

横山由依、こじはる助け舟に絶叫「一生卒業しないでください!」

 AKB48が18日、東京ドームシティホールでライブイベント『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』(3日間5公演)の最終公演を開催した。新総監督の横山由依は3日間とも締めのあいさつでいじられ通しだったが、小嶋陽菜が助け舟を出し、「一生卒業しないでください!」と絶叫した。

【写真】その他の写真を見る


 16日、17日の2日間4公演のアンコール最後の曲はいずれも、最新シングル曲で締めくくり。横山の「唇に〜」の呼びかけにファンが「Be My Baby!」と呼応する形で歌ってきた。

 同曲がこの日、18位に登場したことから、ラストは「少女たちよ」で締めくくることに。ここで横山が「私が、少女たちって言ったら…」と言ったところで続きを察した高橋みなみが「ちょっと待って!」と制止。「唇に、Be My Babyはまだわかるよ? 今、何て言った? ダッセー!」とブーイングし、会場は爆笑に包まれた。

 横山は「これには理由がありまして、秋元(康)先生が、『Be My Baby』(の返し)は長いだろって。『1・2・3・ダーッ!』は、言いやすいんだよって言ったから、どこで切ったら語呂が合うかなと思ったら、『少女たち』『よ』になったんですよ。私は決めたんです。皆さん、一生のお願いやから」と熱弁し、メンバーはステージ上で笑い転げた。

 納得できない高橋は「会場の皆さんや、(中継先の)映画館の皆さんはやってくれると思うよ。でも、小嶋さんやってくれますか?」と矛先を変えると、こじはるはノリノリで「超やりたい!」と助け舟。まさかの返しに高橋は「エー!?」と驚き、横山は「小嶋さん、ほんとうに優しい!」と大感激。「一生卒業しないでくださいね」と懇願していた。



関連写真

  • アンコールでは「唇にBe My Baby」を披露(C)AKS
  • 『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』最終公演の模様 (C)AKS
  • 『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』最終公演の模様 (C)AKS
  • 『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』最終公演の模様 (C)AKS

オリコントピックス