• ホーム
  • 映画
  • 【紅白】嵐、SWとコラボステージ ダース・ベイダーも登場

【紅白】嵐、SWとコラボステージ ダース・ベイダーも登場

■『第66回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)
 人気グループ・は、公開中の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』とコラボしたスペシャルステージを披露。ダース・ベイダーや、新キャラクターのBB-8をはじめ、R2-D2もステージに登場した。

 嵐の出演前に、ダース・ベイダーがストームトルーパーを引き連れて登場し、「ダークサイドこそ銀河を支配するんだ」と宣言。R2-D2の言葉を訳したC-3POが「日本にもジェダイがいる」「強いフォースを感じる。それも5人?」と話したところで、司会のV6井ノ原快彦から「5人といえば、嵐だ!」と紹介され、ライトセーバーを持った嵐が姿を現した。

 メインテーマに合わせてライトセーバーを振るアクションを披露した後、「Sakura」「愛を叫べ」を歌唱。『スター・ウォーズ』の世界観から会場の雰囲気が一気に変わるなか、BB-8らも音楽にのっている様子を見せ、コラボステージを満喫していた。

★☆★『第66回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順昨年の紅白を振り返る紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー・特集】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス