• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】徳永英明、高所での歌唱不安「苦手なんです…」

【紅白リハ】徳永英明、高所での歌唱不安「苦手なんです…」

■『第66回紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 出場回数10回となる徳永英明は「時代」を熱唱するが、リハーサルに参加し「高い所で歌うって、さっき知った。高いところすごく苦手なんです」と不安をのぞかせた。

 歌唱の立ち位置が「一番先端にあった」といい、「『絶対歌えない』と60センチさげてもらった。写真撮影は崖でも大丈夫だけど、歌うのはダメなんですよ」と苦笑。それでも「頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 今年のテーマは「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」。司会は紅組が綾瀬はるか(2年ぶり2度目)、白組はV6井ノ原快彦(初)、総合司会は黒柳徹子有働由美子アナが務める。 白組が3年連続で勝利し、対戦成績は紅組29勝、白組36勝。放送時間は31日午後7:15〜後11:45(途中ニュース中断あり)。

★☆★『第66回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順昨年の紅白を振り返る紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー・特集】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス