• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】Sexy Zone、ジャガーズに対抗心「負けない」

【紅白リハ】Sexy Zone、ジャガーズに対抗心「負けない」

■『第66回紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 人気グループ・Sexy Zoneが3年連続トップバッターでリハーサルに臨んだ。今年の見所を聞かれた中島健人は「ジャニーズでした出せないダイナミックな演出。Sexy Zoneの良さも最大限発揮したい」と意気込み。ジャニーズJr.とともに総勢70名がステージに上がるといい、菊池風磨は「ジャガーズにも負けないよう頑張りたい」とジャニーズのアイドルを物まねするお笑いコンビに対抗して笑わせた。

 今年を漢字一字で「五」と表現した佐藤勝利は、グループの人数だと説明して「僕たちの良さ」と笑顔。松島聡は変化を意味する「変」だといい、「今年に入っていろんな変化があったけれど、また5人で紅白に戻って来られてよかった」と語り、「新」と表現したマリウス葉は「新という漢字のなかに立つという漢字が入っている。あとは木もあるので根っこまでできて、ちゃんとこう…」と話したところで、菊池は「何を言っているかわかりませんが、何か伝えたい意思はあるようです」とフォローしていた。

 今年は『ザッツ、日本! ザッツ、紅白!』がテーマ。紅組トップバッターは初出場の大原櫻子で「瞳」、白組は28回出場の郷ひろみで「2億4千万の瞳-エキゾッチク・ジャパン-」。トリは白組が10回の出場となる近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」、紅組は19回出場の松田聖子「赤いスイートピー」が大トリを飾る。

 赤組司会は女優の綾瀬はるか、白組司会には人気グループ・V6の井ノ原快彦、総合司会には、4年連続となる有働由美子アナウンサー、通算5回紅組司会を担当した黒柳徹子が務める。放送時間は歴代最長タイとなる、午後7時15分から午後11時45分の4時間半(5分間のニュース中断含む)。これまでの対戦成績は紅組29勝、白組36勝。

★☆★『第66回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順昨年の紅白を振り返る紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー・特集】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス