• ホーム
  • スポーツ
  • ビートたけし、長嶋茂雄氏からのプレゼントに大感激「ギャラ半分でいい!」

ビートたけし、長嶋茂雄氏からのプレゼントに大感激「ギャラ半分でいい!」

 お笑いタレントのビートたけしが司会を務めるテレビ東京系の年末特番『日本人として知っておくべき戦後の51人』(30日 後8:54〜深0:05)に、大物ゲストとしてたけしが神様のように尊敬する、長嶋茂雄読売巨人軍終身名誉監督が出演することが明らかになった。

 長嶋氏を迎え、約1時間の収録が終わった後、「テンションがあがっちゃって、ヘトヘトだよ」と漏らしたたけし。さらに、国民栄誉賞受賞時にかぶっていた巨人軍の帽子と、サイン入りのユニフォームをプレゼントされ、「家に泥棒が入らないようにセコム入れないと。こんなに有り難いことはないよ、テレビ東京さんありがとう。こんなものもらっちゃって、ギャラは半分でいいよ」と大感激していた。

 番組は、「昭和のニッポンから学ぶ未来のニッポン」をテーマに、「偉人たちの泥臭くも輝かしい偉業」を学ぶことで、未来の強い日本を作ろうと、日本人として、いまだから知っておくべき偉人たち51人の功績をたけしと林修氏が紹介する、というもの。51人のうち、「記録よりも記憶に残った6人」の1人として長嶋氏を紹介するにあたり、直接話を聞きたいと熱烈にオファーしたところ、OKが出た。

 収録は11月某日、都内の同局本社スタジオにて行われた。スタジオでスタンバイし、長嶋氏の到着を待つ時から、緊張した様子のたけし。スタジオに長嶋氏が現れると、一気に華やいだ空気に包まれた。たけしは「長嶋茂雄の知っておきたいこと」として、ホームランを打った天覧試合の裏側や長嶋氏に関する“都市伝説”の真偽などを本人にぶつけていく。長嶋氏も巨人軍・高橋由伸新監督への熱い想いなどを語っていた。

 百戦錬磨のたけしにとっても特別な時間となった様子で、「俺一人でしゃべってたんじゃないかな。あと1時間やってたらぶっ倒れてるよ(笑)。(長嶋氏は)この歳になったいまでもすてきでかっこいいよね。すごく緊張した。俺は緊張すると良くしゃべるんだよ」と興奮気味に話していた。



オリコントピックス