• ホーム
  • 音楽
  • 井上陽水、全国ツアー21公演完遂 タモリとのエピソードも披露

井上陽水、全国ツアー21公演完遂 タモリとのエピソードも披露

 シンガー・ソングライターの井上陽水(67)が5日、東京国際フォーラム ホールAで全国ツアー『井上陽水 コンサート2015「UNITED COVER 2」』の最終公演を行い、親交の深いタモリ(70)が出演するNHK総合『ブラタモリ』(毎週土曜 後7:30)のテーマソングなどを披露。19都市21公演で4万1000人を動員したツアーを完遂した。

 7月に発売されたカバーアルバム『UNITED COVER 2』を引っさげて行われたコンサートでは、名曲「シルエット・ロマンス」「あの素晴しい愛をもう一度」のカバー、自身の楽曲「リバーサイドホテル」「傘がない」といった人気曲も披露。

 さらに、『ブラタモリ』オープニング曲「女神」、エンディング曲「瞬き」を演奏すると、タモリとのエピソードトークも。タモリからサルサ楽団オルケスタ・デ・ラ・ルスを紹介されたことがきっかけで、宇多田ヒカルの「SAKURAドロップス」、ザ・ビートルズの「I WILL」のカバー制作が始まり、アルバムリリースに至ったことなどを明かした。

 アンコールの「渚にまつわるエトセトラ」「夢の中へ」では観客が総立ちとなり、大盛況のうちにツアーの幕を下ろした。同公演の模様は、来年1月11日にスカパー!で放送されることが決定。来年2月10日からは、神奈川・相模女子大学グリーンホールを皮切りに、新たなツアーが始まる。



関連写真

  • 東京国際フォーラム ホールAで全国ツアーファイナルを迎えた井上陽水
  • 井上陽水のカバーアルバム『UNITED COVER 2』

オリコントピックス