• ホーム
  • 映画
  • 三船美佳、父・敏郎への『SW』オファー明かす オビ=ワンやダース・ベイダー役

三船美佳、父・敏郎への『SW』オファー明かす オビ=ワンやダース・ベイダー役

 タレントの三船美佳(33)が4日、都内で行われたポップカルチャーの祭典『Tokyo Comic Con2016』(以下、TCC)記者発表会に出席。18日に全世界公開となる『スター・ウォーズ』最新シリーズを心待ちにしているという三船は、父で映画スターの三船敏郎にかつて同シリーズの出演オファーが来ていたことを振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 日本の黒澤明監督の作品に強い影響を受けたという同シリーズのジョージ・ルーカス監督から、三船に最初に届いたオファーは、ジェダイの騎士・オビ=ワン・ケノービ役だったいう。「でもうちの父はサムライ魂がすごく強くて。当時は今のようにテクノロジーが発達していなかったので、不可能ではないかと。日本の武士道をコミカルに描くのは、自分はどうなんだろうと悩んだ」と回顧。それを聞いたルーカス監督は「じゃあ顔を隠してみたらどうだろう、ダース・ベイダーという役はどうだろう」と提案してきた、と明かした。

 この日はスペシャルゲストとして映画『スター・ウォーズ エピソード1』で銀河帝国皇帝パルパティーンを演じたイアン・マクダーミドと、ダース・モールを演じたレイ・パークが登壇。イアンは「三船さんが僕の弟子だったら素晴らしかったのに。彼の作品『羅生門』や『蜘蛛巣城』では多くのことを学ばせてもらい、素晴らしい演技をみせてもらった」と尊敬を表した。

 三船は「本当にこんなに素晴らしい方から父の話を聞けるなんて幸せ」と満面の笑み。結局、父の『SW』出演はかなわなかったものの、「“ジェダイ”の語源は“時代劇”と聞いてものすごくうれしい。私は時代劇と、スター・ウォーズで育っているので。共演を見たかったですね」とくやしがっていた。

 同会見では、アップル共同創業者のスティーヴ・ウォズニアックが登壇し、来年12月3・4日に千葉・幕張メッセでTCC2016を初開催することを発表。アメリカンスタイルのコミコンイベントでは、映画やテレビに登場するアメリカのセレブリティや世界のリーディングカンパニーを招致し、テクノロジーとポップカルチャーの祭典として行われる。人気コスプレイヤーの御伽ねこむも登壇した

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 父・三船敏郎に『スター・ウォーズ』出演オファーがあったことを振り返った三船美佳 (C)ORICON NewS inc.
  • 艶やかな着物姿の三船 (C)ORICON NewS inc.
  • 『スター・ウォーズ』俳優のイアン・マクダーミド、レイ・パークも登場 (C)ORICON NewS inc.
  • ポップカルチャーの祭典『Tokyo Comic Con2016』記者発表会に出席した人気コスプレイヤー・御伽ねこむ (C)ORICON NewS inc.
  • ポップカルチャーの祭典『Tokyo Comic Con2016』記者発表会に出席したイアン・マクダーミド (C)ORICON NewS inc.
  • ポップカルチャーの祭典『Tokyo Comic Con2016』記者発表会に出席したレイ・パーク (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス