• ホーム
  • 音楽
  • 中森明菜、25年ぶり映画音楽担当 たけし主演作予告編タイトルコールも

中森明菜、25年ぶり映画音楽担当 たけし主演作予告編タイトルコールも

 歌手・中森明菜(50)の新曲「FIXER」が、ビートたけし(68)と西島秀俊(44)が共演する映画『女が眠る時』(来年2月27日公開)のイメージソングに起用されることが25日、わかった。中森のオリジナル曲が映画の音楽に起用されるのは、1991年公開の『天河伝説殺人事件』で「二人静」が起用されて以来25年ぶり。あす27日から全国映画館で上映される予告編では、中森がタイトルコールを務めていることも明らかになった。

 イメージソングに起用された新曲「FIXER」は、12月30日に6年ぶりに発売されるオリジナルアルバムのタイトルと同名曲。ミディアムテンポの英語詞で、明菜の繊細なボーカルと妖艶な演奏が融合し、独特な雰囲気を醸し出す。

 映画『女が眠る時』は、世界三大映画祭の一つ『ベルリン国際映画祭』で95年に銀熊賞を受賞したウェイン・ワン監督初の日本映画。映画監督としても名高いビートたけしが、自身の監督作以外で12年ぶりに主演することでも話題。美しい女性と男との異常な愛、変わっていく妻との関係、覗きへの罪悪感と止まらない好奇心などを描く。

 中森は、山口百恵の名曲をカバーした「いい日旅立ち」が徳永英明主演映画『旅の贈り物/0:00発』(06年公開)の主題歌に起用されたことがあるが、オリジナル曲では25年ぶり。関係者によると「イメージに合う楽曲を探していたなかで、映画の深淵となる魅惑のミステリー感と明菜の楽曲のイメージが見事にマッチした」という。

 映画の木藤幸江プロデューサーは「ウェイン・ワン監督、ビートたけしさん主演の映画に、まさか中森明菜さんがイメージソングを歌っていただける…そんな豪華すぎるコラボレーションができたことを製作一同、大変うれしく思っています」と大喜び。「中森さんの歌とタイトルコールを聞いた瞬間、日常の景色が非日常に見えてくる。映画の世界観と同様の感性を共有させていただいたことに興奮が冷めません」と話す。

 ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返してきた中森は、昨年の『NHK紅白歌合戦』で4年3ヶ月ぶりに芸能界に復帰。その後、今年1月に新曲「Rojo -Tierra-」を発売、7月に50歳となり、9月30日に通算50枚目のシングル「unfixable」を発売したが、本格的な活動には至らなかった。

 しかし、念願だったオリジナルアルバムが完成し、25年ぶりの映画音楽参加が決まり、「2016年は『さらなる中森明菜へ』をキャッチフレーズにしていきたい」と関係者。「当然、来年は歌姫・中森明菜のパフォーマンスを期待したい。ようやくエンジンがかかってきたし、“生”明菜を望むファンの期待にも応えられるのでは…」と完全復活に期待を込めた。



オリコントピックス