• ホーム
  • 映画
  • 『スター・ウォーズ』前売り券にファン殺到 サーバーダウンする劇場続出

『スター・ウォーズ』前売り券にファン殺到 サーバーダウンする劇場続出

 SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの最新作にして、新たなる3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日午後6時30分全国一斉公開)の特別上映チケットの先行予約販売が、きょう18日午前0時から全国367館の上映劇場で開始された。各劇場のWEBサイトには問い合わせ&アクセスが集中し、サーバーダウンする劇場が続出するなど一部で混乱も生じたが、同日午後3時現在、全国27館で12月18日午後6時30分からの初回上映分のチケットが完売した。

 きょうから予約販売されたのは12月18日午後6時30分の回と19日、20日の3日間に行われる「メモリアル・パンフレット」の購入権付き特別上映。

 17日深夜から、チケットの獲得を目指す全国のファンのツィートが急増。日付が変わると同時に、ファンが各劇場のサイトに一斉にアクセスを開始し、またたくまに、東京のTOHOシネマズ日劇、同六本木ヒルズ、同新宿をはじめとする劇場で初回が売り切れた。順次19日、20日の上映も埋まっていき、無事に希望劇場のチケットを獲得できたファン、5桁のアクセス待ちを表示され悲嘆にくれるファンなど、悲喜こもごものツィートがネットを賑わせた。インターネットでのアクセス集中を予想したファンが劇場の窓口に詰めかけ長蛇の列のできる劇場もあった。

 同時に販売を開始したインターネットで座席指定できるムビチケオンライン券も、わずか半日で『アベンジャース/エイジ・オブ・ウルトロン』の最終販売枚数である3001枚を上回る4028枚(午後6時現在)を売り上げ、初日販売枚数の新記録(ODS作品を除くムビチケオンライン券取扱い映画作品)を樹立。ムビチケに関しては、9月4日よりコンビニエンスストアチェーンの「セブン-イレブン」でムビチケコンビニ券が独占販売されていたが、きのう17日だけで4555枚を売り上げ、ムビチケコンビニ券の販売を開始した2014年10月以来、最高記録を伸ばし続けている。

 全米の興行予想サイトBoxoffice.comでは、史上最高のオープニング&全米の最終成績となる予想が既に出されているが、日本でも前代未聞の興行記録を打ち立てるのではないかと、期待はさらに高まっている。



オリコントピックス