• ホーム
  • 音楽
  • ビートルズ乗馬MV 京都競馬場で上映 『エリザベス女王杯』盛り上げる

ビートルズ乗馬MV 京都競馬場で上映 『エリザベス女王杯』盛り上げる

 秋の最強牝馬決定戦『エリザベス女王杯』(15日、京都競馬場)の開催を記念し、レース当日のターフビジョンでザ・ビートルズのメンバー4人が乗馬するレアなシーンが含まれる名曲「ペニー・レイン」(1967年)のミュージックビデオ(MV)が上映されることがわかった。

 同レースは1975年、英国のエリザベス女王が来日したことを記念し、翌76年に創設。当日昼の場内では英国関連のイベントや国歌の演奏などが行われるが、英出身で65年にエリザベス女王から勲章を授与されたビートルズもレースを盛り上げることに。馬にゆかりがある「ペニー・レイン」のMVが、世界最大級のマルチ画面ターフビジョン(縦10.8メートル×横64.0メートル)で流されることになった。

 リンゴ・スター(Dr)が「このMVがなければ馬に乗ることなんて、多分、絶対になかったはずだ」と振り返るほど、レアな映像だ。

 さらに最終レース後には、カラフルな衣装が印象的な「ハロー・グッドバイ」のMVを1曲まるごと上映することも決定。場内ではビートルズのグッズが当たる抽選会や6日に世界同時発売された『ザ・ビートルズ1』、初のミュージックビデオ集『ザ・ビートルズ1+』の販売も行われ、競馬場でビートルズや英国の文化に触れることができる。



オリコントピックス