• ホーム
  • スポーツ
  • サッカー日本代表新ユニフォーム特大ポスター、都内配達の朝日新聞に折り込み

サッカー日本代表新ユニフォーム特大ポスター、都内配達の朝日新聞に折り込み

 アディダスジャパンは、サッカー日本代表の新ユニフォームをPRする特大サイズの両面ポスターを、東京都内で配達される12日付けの朝日新聞朝刊に折り込むキャンペーンを行うことが11日、わかった。ポスターサイズはタテ150×ヨコ50センチで、新聞本紙のほぼ4ページと同じという異例の大きさとなっている。

【写真】その他の写真を見る


 ポスター表面には、日本代表の中心である香川真司選手(ドルトムント)、武藤嘉紀選手(マインツ)、内田篤人選手(シャルケ04)、宇佐美貴史選手(ガンバ大阪)、柴崎岳選手(鹿島アントラーズ)らが、新しいホームのユニフォームをまとって登場。同社の日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面は、11人の選手の個性を表す11本の異なる青のボーダーで構成される。中央の赤のラインは12本目、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。

 内側では、香川選手、宇佐美選手、清武弘嗣選手(ハノーファー96)、酒井高徳選手(ハンブルガーSV)、槙野智章選手(浦和レッズ)らが、白いボディーに個性的な青の総柄グラフィックを配したアウェーユニフォームを披露。さらにポスターを広げた裏面は、ホームユニフォームを着た香川選手の迫力ある写真が全面を飾っている。

 今回のキャンペーンについて、アディダスジャパンは「新しいサッカー日本代表ユニフォームの発表を、幅広い年齢層のサッカーファン・サポーターに向けてインパクトのある方法で届けたい」という思いから、朝日新聞と協力。社会性が強く伝統的な新聞折り込みという手法で、ウェブでは表現できない特大ポスターを限定枚数投入し、ソーシャルへの拡散を狙う意図を明かした。

 このポスターは、きょう12日に都内で配達される同紙朝刊にランダムで折り込まれる。



関連写真

  • サッカー日本代表の新ホームユニフォームがお披露目 (左から)内田篤人選手、武藤嘉紀選手、香川真司選手、宇佐美貴史選手、柴崎岳選手
  • アウェー版は白を基調
  • 香川真司選手
  • サッカー日本代表の新アウェーユニフォームを着用する宇佐美貴史選手

オリコントピックス