• ホーム
  • デジタル
  • ポケモン好きが集まるシェアハウス誕生 中川翔子、ヒャダインが住人に

ポケモン好きが集まるシェアハウス誕生 中川翔子、ヒャダインが住人に

 日曜の朝にテレビ東京系などで放送されているポケモン情報バラエティ番組が今月4日からリニューアル。『ポケモンの家(うち)あつまる?』(毎週日曜 前8:00〜8:30)がスタートした。「等身大のポケモンファン」として歌手・タレントの中川翔子(30)、音楽プロデューサーのヒャダイン(35)、前番組『ポケモンゲット☆TV』からブレイクを果たしたあばれる君(29)、現役女子高生でファッション誌『nicola』専属モデル・大谷りん香(15)がレギュラー出演する。

 舞台は、ポケモンが大好きな人々が集まるシェアハウス、その名も「ポケんち」。「ポケモンが好き!」という熱い思いを持った住人や友人が、ポケモングッズで彩られたリビングルームに集い、時にはポケモンの最新情報を交換し、時にはゲームやホビーに興じる。リアルなポケモン愛があふれる時、そこに“台本はございません”。

 さっそく、「ポケんち」に遊びに行ってみると、中川とヒャダインがもてなしてくれた。

■子どもも大人も、どんどん遊びに来てほしい

――「ポケんち」の居心地は?

【中川】最高です。居心地がよすぎちゃって、幸せで溶けちゃいそう。子どもの頃、初めて『緑』(ゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 緑』)を買ったあの日から、ずっと人生にポケモンがあって本当によかったなって、感謝の気持ちでいっぱいです。いまはまだ、家=ハウスですけど、増築に増築を重ねて部屋数を増やして、ポケモンが大好きな人たちがもっとたくさん住める、キャッスルにするのが夢です。

【ヒャダイン】いいですね。ポケモンキャッスル。

――中川さんは2006年に『ポケモン☆サンデー』に出演して以来、テレビ東京系日曜朝のポケモン情報番組に出演していますが、新番組の特徴は?

【中川】いままで以上に垣根を取っ払って、自由な感じでポケモン愛を出せる番組です。「自称ポケモンソムリエ」の佐香智久くんやポケモン大好き芸人のロバートさん、「ポケモンが好き」な気持ちがあれば、子どもも大人もウェルカム。どんどん遊びに来てほしいです。皆、ポケモンのことが大好きだから、その時々の旬なポケモンの話題で自然に盛り上がれるんです。

――ヒャダインさんはポケモンの情報番組初参加ですね。

【ヒャダイン】ゲーム『ポケットモンスター オメガルビー』のレビューをネットに書き込んでいたんですが、その評判が関係者に伝わったみたいで、出演オファーをいただいた時は僕自身びっくりしました。もともとゲームが好きで、ポケモンが好きで、もうDNAの中に刷り込まれてしまっているので、「ポケんち」の住人になれてすごくうれしいですね。みんなでワイワイ、ポケモンの話をして、とにかく楽しもうと思っています。

【中川】世の中に“神”曲を出しまくって、寝る暇もないくらい忙しいはずなのに、ポケモンを育てまくっているんです(笑)。

【ヒャダイン】これがけっこう奥が深いんですよ。

■子どもの頃『ポケモン』で遊んだ世代が社会へ

――制作スタッフの平均年齢が「30歳」と聞きました。中川さん同様に、ほとんどのスタッフが小学生の頃にリアルタイムでポケモンに触れていた人たちだそうです。

【ヒャダイン】『機動戦士ガンダム』『ドラゴンボール』『セーラームーン』で起きたことと同じことがポケモンでも起きているんですね。

【中川】『ポケモン赤・緑』が発売されてから来年で20年が経ちますが、ポケモン第1世代がいま、アラサーになって、親子2代でポケモン好きという人たちも増えてきているんです。

――最後に、番組にかける意気込みを聞かせて下さい。

【中川】毎週、毎分、毎瞬間が、ちびっこたちの未来の何かに影響を与えるかもしれないと思うと、プレッシャーもあるんですが、とにかく楽しもうと思っています。

【ヒャダイン】確かに! 責任重大ですね。子どもたちにとって日曜日の朝というのはやっぱり特別なものですよね。

【中川】月曜日、学校で「観た?」って話をして、何年か後に「観てた、観ていた」と思い出してくれるような番組にしたい。

【ヒャダイン】そうですね。あの番組、面白かったよねっていわれるような番組にしたいですね。



関連写真

  • ポケモン好きによる、ポケモン好きのための、ポケモン情報番組 テレビ東京系『ポケモンの家(うち)あつまる?』放送中。(左から)ヒャダイン、中川翔子 (C)ORICON NewS inc.
  • 10月29日より新シリーズ『ポケットモンスター XY & Z』放送開始

オリコントピックス