• ホーム
  • 音楽
  • NGT48、海外初パフォーマンスに黄色い歓声

NGT48、海外初パフォーマンスに黄色い歓声

 AKB48の姉妹グループとして新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48が11日、韓国・釜山アシアードメインスタジアムで開催された『アジアソングフェスティバル 2015』に出演した。観客の9割を女性が占めるイベントで海外初パフォーマンスしたメンバーは、約3万人の大声援を浴びた。

【写真】その他の写真を見る


 EXO、GOT7、防弾少年団らアジアの人気アーティストが出演する同イベントは、約3万人の観客が集まる大舞台。キャプテンの北原里英、AKB48と兼任する柏木由紀以外のメンバーにとっては初の海外イベントとなったが、雨女として知られる柏木が参加したためなのか前日に大雨が降り、リハーサルがほとんどできないまま本番を迎えた。

 極度の緊張のなかNGT48が登場すると、黄色い歓声。北原が「ヨロブン アニョンハセヨ〜。NGT48 イムニダ」と韓国語であいさつをすると、普段聞き慣れない女性の歓声にまじって、メンバーの名前を呼ぶ声も。韓国の48グループファンクラブが用意した横断幕も掲げられた。

 柏木は「きょうは皆さんに会えることを楽しみにしていました。NGT48は、日本のAKB48グループの中で、新潟に出来た一番新しいグループです。私たちはこれから世界へ向けて、羽ばたいていけるように頑張ります」と宣言。熱烈な歓迎のなかで「会いたかった」「ハロウィン・ナイト」の2曲を披露し、メンバーは感激しきりだった。

 トークステージには北原、柏木、荻野由佳、加藤美南、西潟茉莉奈の5人が参加し、韓国の人気グループ・SUPER JUNIORのイトゥクと共にMCも。「NGT48のかわいいポーズを披露して」というフリに、新潟の県鳥でNGT48のロゴや衣装のモチーフにもなっている朱鷺のマネを披露。イトゥクからはお返しとして、SUPER JUNIORの決めポーズや韓国でのかわいポーズを教えてもらい、互いにマネしあう一幕もあった。

 翌12日には、後日放送予定の同イベントの番組収録にも参加し貴重な経験を積んだ。

■NGT48参加メンバー
小熊倫実、荻野由佳、加藤美南、柏木由紀、北原里英、日下部愛菜、清司麗菜、高倉萌香、中居りか、奈良未遥、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、本間日陽、水澤彩佳、山口真帆、山田野絵(計16人)



関連写真

  • 海外で初パフォーマンスしたNGT48(C)AKS
  • 韓国の人気グループと競演
  • 韓国で開催された『アジアソングフェスティバル 2015』に出演
  • 韓国で開催された『アジアソングフェスティバル 2015』に出演したNGT48(C)AKS
  • 韓国で開催された『アジアソングフェスティバル 2015』に出演したNGT48(C)AKS
  • 韓国で開催された『アジアソングフェスティバル 2015』に出演したNGT48(C)AKS
  • 韓国で開催された『アジアソングフェスティバル 2015』であいさつするNGT48の北原里英(C)AKS
  • 韓国で開催された『アジアソングフェスティバル 2015』であいさつする柏木由紀(C)AKS

オリコントピックス