• ホーム
  • 音楽
  • 松田聖子、新曲は松本隆×呉田軽穂×中田ヤスタカの新機軸

松田聖子、新曲は松本隆×呉田軽穂×中田ヤスタカの新機軸

 デビュー35周年を迎えた歌手・松田聖子が11日、千葉・舞浜アンフィシアターでファンクラブイベント『Seiko Matsuda Fan Meeting 2015』を行い、3公演で約6000人のファンが詰めかけた。作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂(松任谷由実)と31年ぶりにタッグを組んだ新曲「永遠のもっと果てまで」(10月28日発売)を初披露。両A面シングルのもう1曲、「惑星になりたい」では中田ヤスタカCAPSULE)と初コラボしたことを発表し、新たな挑戦でファンを沸かせた。

【写真】その他の写真を見る


 黒のワンピースで登場した松田は「デビュー35周年、本当にありがとうございます。皆様の応援のおかげでここまでこれました」とあいさつ。「きょうは音楽で一緒に、デビューから振り返ってみましょう!」というと、キーボードの野崎洋一と一緒に、1980年のデビュー曲「裸足の季節」をはじめ、「一千一秒物語」「天国のキッス」などを思い出トークと共にワンフレーズずつ披露。35年の歴史を歌で振り返ったほか、大抽選会などでも盛り上がった。

 その後のミニライブでは、松田聖子の歴史を語るうえで欠かせない制作陣が31年ぶりに集結したニューシングル「永遠のもっと果てまで」を初披露。「大切な曲ができまして、この曲も一生懸命歌って参りますので、皆様応援どうぞよろしくお願いいたします」と深々一礼した。

 続けて、両A面シングルのもう1曲、「惑星になりたい」の制作陣について松田自身の口から発表。作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂、編曲にはPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのサウンドプロデューサーとして知られる中田ヤスタカを迎えたことが明かされた。同曲も初披露した松田は「ポップでかわいらしい楽曲なので、この楽曲も応援してください」と呼びかけ、客席のファンは割れんばかりの拍手で応じていた。



関連写真

  • ファンクラブイベントで新曲を初披露した松田聖子
  • 松田聖子の新曲で初めて編曲を手がけた中田ヤスタカ(CAPSULE)
  • 松田聖子の新曲の作詞を担当した松本隆
  • 松田聖子の新曲の作曲を担当した呉田軽穂(松任谷由実)

オリコントピックス