• ホーム
  • スポーツ
  • 年末格闘技イベントにヒョードル出場 高田延彦「世界最高峰の舞台を作る」

年末格闘技イベントにヒョードル出場 高田延彦「世界最高峰の舞台を作る」

 今年の年末に新格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015』(12月29日、31日)が開催されることが8日、都内で行われた会見で発表された。イベントの統括本部長を務める元プロレスラーでタレントの高田延彦が「メイド・イン・ジャパンの世界最高峰の舞台を作り上げる」と力強く宣言した。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、2007年に活動を停止した総合格闘技イベント『PRIDE』運営会社の代表だった榊原信行氏が実行委員会の委員長を務める。PRIDE以降、サッカーチーム・FC琉球の経営などに参加してきたが、「選手と、プロモーターと、ファンの皆さんと、みんなでPRIDEのあの熱をもう一度感じてみたい」と、格闘技への再挑戦を決意し、PRIDEをともに盛り上げた高田に協力を要請し、高田が快諾した。

 高田が格闘技イベントに登場するのは07年以来、8年ぶり。「あの時に4歳だったウチの坊主が、もうすぐ中学生」と時代の流れを感じつつ、「爆発力を溜めるため、最高の8年だった。(イベントが)スタートすれば、8年の意味がわかります」と自信をのぞかせ、会見に詰めかけた多数のファンを喜ばせた。

 さらに、日本での格闘技の再興に欠かせない人物として、「60億分の1の男」と呼ばれたPRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードル選手(ロシア)に出場をオファー。12年に引退し、母国のスポーツ省特別補佐官と格闘技連名の代表を務めていたが、復帰を決意し、この日の会見にも登場して「また日本で戦えてうれしい」と笑顔で語った。

 イベントは12月29日と31日の両日、PRIDEの聖地ことさいたまスーパーアリーナで開催。アメリカやヨーロッパの格闘技団体の協力のもと、ヘビー級8選手によるトーナメント(29日に1回戦、31日に準決勝&決勝)のほか、各日10試合程度を予定。この日は、桜庭和志対青木真也の日本人対決(29日)が唯一、対戦カードとして発表された。

 なお、同イベントはフジテレビ系での放送も決定。放送日時は調整中で決定次第、発表される。

 イベントにはそのほか、JOC名誉会長・日本レスリング協会会長の福田富昭氏、コンプライアンス担当として弁護士の中村信雄氏、参戦予定の女子シュートボクシングのRENA選手、世界最強の女柔術家の異名を持つギャビ・ガルシア選手らが登壇。MCは女優の小池栄子が務めた。



関連写真

  • 年末の格闘技イベントの復活会見に出席した(左から)高田延彦、エメリヤーエンコ・ヒョードル選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末の格闘技イベントの復活会見に出席した小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末の格闘技イベントの復活会見に出席した榊原信行代表 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末の格闘技イベントの復活会見に出席したエメリヤーエンコ・ヒョードル選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末の格闘技イベントの復活会見に出席した高田延彦 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末の格闘技イベントの復活会見に出席した(左から)青木真也選手、桜庭和志選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末の格闘技イベントの復活会見に出席した小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末の格闘技イベントの復活会見に出席したJOC名誉会長・日本レスリング協会会長の福田富昭氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末の格闘技イベントの復活会見の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス