• ホーム
  • 映画
  • 『スター・ウォーズ』最新作 セブンで前売り券先行発売

『スター・ウォーズ』最新作 セブンで前売り券先行発売

 新たな3部作がスタートする「スター・ウォーズ」シリーズ最新作、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の全国共通前売り鑑賞券が、4日(フォースの日!)よりコンビニエンスストアチェーン最大手の「セブン-イレブン」で世界最速、独占先行発売されることが明らかになった。日付が4日にかわった午前0時より発売される。

 同コンビ二チェーンは、全国に1万8092店舗(8月末現在)を展開。ウォルト・ディズニー・ジャパンは「『スター・ウォーズ』と“日本”は、何かと縁が深く、今回、世界に先駆けた“日本先行発売”をルーカスフィルムから特別に許可していただきました。さらに、“映画”という枠を越えた世界最大のイベントとして注目が集まっていることもあり、たくさんの方々が簡単にチケットを手に入れていただける機会を得ることができ大変うれしい」と経緯を説明している。

 ジョージ・ルーカスの構想・制作総指揮によって生まれた「スター・ウォーズ」シリーズは、物語としては『ジェダイの帰還(エピソード6)』を(1983年公開)もって完結していたが、新3部作『シスの復讐(エピソード3)』(2005年公開)以来、10年ぶりとなる本作『フォースの覚醒』によって、文字どおり新たな目覚めを迎える。

 ルーカスフィルム共同会長で本作のプロデューサーであるキャスリーン・ケネディは「テーマは“家族の物語(サーガ)”であり、家族が世代を経るごとに繰り広げられる“愛と喪失”のドラマです。これは、今までのエピソードの単なる続編ではありません。(「スター・ウォーズ」を)観たことがない人にはシリーズの始まりの物語であり、あらゆる人に、『スター・ウォーズ』の新たな世界を切り開く作品。それが『フォースの覚醒』です」と語っている。



オリコントピックス