• ホーム
  • 映画
  • ピクサーの短編は才能宝庫 『インサイド・ヘッド』同時上映作品の主人公は“火山島”

ピクサーの短編は才能宝庫 『インサイド・ヘッド』同時上映作品の主人公は“火山島”

 ディズニー/ピクサー映画『インサイド・ヘッド』(公開中)と同時上映されている短編アニメ『南の島のラブソング』の特別映像が公開された。

 主人公は、まさかの“島”。ハワイの美しい海に浮かぶ“ひとりぼっちの火山”が何百万年にもわたって奏でる、壮大かつロマンチックなミュージカル・ラブストーリーとなっている。何百万年もにわたり噴火と浸食を繰り返し、形成された巨大な火山の名前は「ウク」。愛する人と一緒になれる日をずっと願いながら歌う姿は、少し切なくも非常に力強く、キャッチーなハワイアン調のメロディーも印象的。そして、ひとりぼっちで長い時間を過ごしているやるせなさがじんわりと染みてくる。

 同作を手がけたのは、本作が初監督となるジェームズ・フォード・マーフィー氏。『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』といった作品に携わり、ディズニー/ピクサー作品を支え続けてきたベテランアニメーターの一人だ。

 マーフィー監督は「リサーチの過程で、ハワイ島沖にある海底火山の存在を知りました。これらの島は今後1万年から10万年後には海面に姿を現しはじめ、最終的にはハワイ島とつながるというのです。壮大な“時間”のスケールに驚嘆した私は、8500万年もの時をかけて1つの火山がたどる“一生”をまとめました」と物語の由来を語っている。

 ラブストーリーに仕上がった背景にもすてきなエピソードが。「火山情報を集めている間に、私の妹が43歳にして結婚することになりました。結婚式で妹の幸せそうな顔を見ながら、彼女がどれだけ長い間このハレの日を待ち望んでいたことかと想いを巡らせるうち、火山の一生がまったく違うものに見えてきたのです。そしてふと、<火山も人間と同じように、生涯運命の人に出会うことを夢見ていたとしたら…>とひらめいたんです」(マーフィー監督)。

 ストーリーのすべてを語る楽曲は、シンガーソングライターたちに習い、監督自身の手で作詞・作曲されたもの。最高クリエイティブ責任者のジョン・ラセター氏への企画プレゼン時には生歌を披露したという。

 ピクサーの短編作品は、アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネートの常連で受賞作も多く、そのクオリティーは折り紙つき。短い上映時間の中に織り込まれたピクサーならではの斬新な内容と笑い、感動が、多くの鑑賞者の心をつかんできた。来年3月に日本で公開されるディズニー/ピクサーの新作長編アニメーション『アーロと少年』のピーター・ソーン監督も、短編『晴れ ときどき くもり』(2009年公開『カールじいさんの空飛ぶ家』と同時上映)を経験しており、ピクサーのクリエーターたちの登竜門として、短編作品にも注目したい。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス