• ホーム
  • 音楽
  • きゃりー、ハロウィン曲ジャケ写はモードに「不思議な世界観を楽しんで」

きゃりー、ハロウィン曲ジャケ写はモードに「不思議な世界観を楽しんで」

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、11枚目のシングル「Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜」(9月2日発売)のアートワークの一部と収録曲を公開した。

 同曲は、年中ハロウィン(?)のような奇抜な衣装が注目されるきゃりーのキャラクターを基に、プロデューサーの中田ヤスタカ(CAPSULE)が書き下ろしたハロウィンソング。初回限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)のジャケットは赤と黒、青と黒を基調としたシンプルな配色でまとめられたモードな作品となった。

 デビューからキャリーのジャケットを手がけるSteve Nakamura氏は、“おもちゃのきゃりー”をイメージしてデザインしたといい、「HALLOWEENはMAGICが起きる日。きゃりーがおもちゃになったようなイメージを表情やポージング、ヘア、衣装で表現しました。夜になると目が開いて、黒い体のパーツが消え、上半身が透明になり、そこにSMOKEや電気が現れ、おもちゃのきゃりーが生き返る」とコンセプトを説明する。

 きゃりーも「曲がかなりポップに仕上がっているので、少しモードな世界観に挑戦してみました」といい、「シンプルでも、ジャケットはインパクトがあるものにしたかったので、アップ目の写真をお願いしたデザインもこだわった部分です。身体の中がネオンや煙になっている、不思議な世界観を楽しんで欲しいです」とアピールした。

 本作は、秋から開催される全国ホールツアー『Crazy Party Night 2015』(全20公演)のテーマソング。90年代のクラブカルチャーをテーマに、タイトルどおりポップでクレイジーな世界を演出するとしており、ハロウィンパーティーのような楽しめるライブになりそうだ。

 なお、初回限定盤の特典DVDには、今年4月にNHKが撮影したスーパーハイビジョン撮影したプレミアムライブから厳選された「CANDY CANDY 」「もんだいガール」「チェリーボンボン」「 do do pi do」「 PONPONPON」の5曲を収録。デビュー時から衣装を手がけるスタイリスト飯嶋久美子氏が初演出した同ライブは、ステージをパウダールームに見立て、普段とは一味違った大人っぽいきゃりーぱみゅぱみゅを楽しめる。



関連写真

  • 「Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜」初回限定盤
  • 通常盤

オリコントピックス