• ホーム
  • 芸能
  • 紺野あさ美アナ、“後輩”の活躍に刺激「引っ張っていけるように頑張る」

紺野あさ美アナ、“後輩”の活躍に刺激「引っ張っていけるように頑張る」

 東京・豊洲のアーバンドック ららぽーと豊洲内「キッザニア東京」で7日、テレビ東京バナナ社員・ナナナの誕生日イベント&ナナナたいそうコンテストの表彰式が行われた。司会を務めた同局の紺野あさ美アナウンサーは「ナナナが現れると子どもたちが寄ってくる。人気者になってくれてうれしい」と“後輩”の活躍ぶりに目を細めた。

【写真】その他の写真を見る


 ナナナは同局の50周年を記念して2013年秋ごろよりマスコットキャラクターとして活躍。もともとは社員食堂の「Bセット」のデザートだった。2011年4月に入社し、5年目の紺野アナの方が“先輩”。そして今春、3人目の“後輩”となる田口尚平アナが入社し、紺野アナは「(田口アナの)初々しさを目の当たりにすると、私の背筋も伸びます。いままでずっと後輩気質で、周りに引っ張ってもらってばかりいたので、後輩も増えて、自分が引っ張っていけるように頑張りたい」と気持ちを新たにしていた。

 紺野アナと共に、同イベントの司会を務めた田口アナは「ナナナ先輩の誕生日会に参加できて光栄。子どもだけでなく、意外と大人の方にも人気があって、本当に看板バナナ社員」と尊敬の眼差しを向け、「ナナナ先輩に追いつき追い越せ、おあずかりになりたいですね。ナナナのいるところに田口ありと言われるくらい、初々しさを失わずにしっかり成長していきたい」と抱負を語っていた。

 同イベントには、今月1日にメジャーデビューした現役女子高生シンガー・井上苑子(17)がゲスト出演。ミニライブも行った。

 ナナナたいそうコンテストは、「ナナナのナナナたいそう」を踊る動画を募集していたもので、期間中に100件以上の応募があり、各賞が決定。グランプリの「Heat Up!」(タップダンスと組み合わせたユニークなナナナたいそう)と、準グランプリの「ナナMINI7」(ボカロバージョンに合わせた本格的な創作ダンス)が登壇し、パフォーマンスを披露した。

 審査員長を務めた紺野アナは「投稿してくれた動画はどれも素晴らしくて、すごく悩みましたし、皆が一生懸命踊ってくれたことに感動しました」と感謝していた。



関連写真

  • テレビ東京バナナ社員・ナナナの誕生日イベント&ナナナたいそうコンテストの表彰式に出席した(左から)紺野あさ美アナウンサー、ナナナ(C)ORICON NewS inc.
  • 本物そっくり…ナナナのバースデーケーキ(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)田口尚平アナウンサー、井上苑子、ナナナ、紺野あさ美アナウンサー(C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京バナナ社員・ナナナの誕生日イベント&ナナナたいそうコンテストの表彰式に出席した紺野あさ美アナウンサー(C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京バナナ社員・ナナナの誕生日イベント&ナナナたいそうコンテストの表彰式の模様(C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京バナナ社員・ナナナの誕生日イベント&ナナナたいそうコンテストの表彰式の模様(C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京バナナ社員・ナナナの誕生日イベント&ナナナたいそうコンテストの表彰式の模様(C)ORICON NewS inc.
  • ナナナたいそうコンテストでグランプリに輝いたHeat-Up!(C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京バナナ社員・ナナナの誕生日イベント&ナナナたいそうコンテストの表彰式の模様(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス