• ホーム
  • 音楽
  • スーパーマリオ誕生30年 9月に初ライブ開催

スーパーマリオ誕生30年 9月に初ライブ開催

 『スーパーマリオブラザーズ』がファミリーコンピュータ用ゲームソフトとして1985年9月13日に発売されてから今年で30周年を迎えることを記念し、9月に東京と大阪で『スーパーマリオ30周年記念ライブ』が行われることが6月30日、わかった。世界累計販売本数4000万本を超え、「世界一売れたアクションゲーム及びファミリーコンピュータ用ソフト」としてギネス記録にも認定されている『スーパーマリオ』で使用された楽曲だけを演奏するライブは、30周年にして初となる。

 記念ライブは9月20日の大阪国際会議場(グランキューブ大阪)メインホール、翌21日の東京国際フォーラム ホールAの2公演。スピッツ・コブクロらの音楽プロデュースで知られるキーボード奏者の笹路正徳氏を音楽監督に迎え、豪華メンバーで結成された「スーパーマリオスペシャルバンド」が、今回のライブのために特別にアレンジされた歴代シリーズの人気曲をド迫力の演奏で再現する。さらに、30年の歴史にかかわる“あの人”も出演を予定している。

 現時点で演奏曲は確定していないが、関係者によると「スーパーマリオ30年の歴史をライブでも感じてもらい、さまざまな世代のお客様が来ても楽しんでもらえるよう幅広い選曲を検討している」という。親子2世代で楽しめるように、大人席(S席:8640円、A席:7560円)のほか、3歳以上小学生以下の子ども席(S席:4320円、A席:3780円)も用意されている。バンドメンバーは以下のとおり。

■スーパーマリオスペシャルバンド
音楽監督&Keyboards:笹路正徳
ベース:田中晋吾
ドラムス:川口千里
ギター:北島健二
パーカッション:ASA-CHANG
トランペット:西村浩二、ルイス・バジェ
トロンボーン:中川英二郎
ベース・トロンボーン:朝里勝久
サクソフォーン:吉田 治、山本拓夫、庵原良司
バイオリン:中西俊博 ほか

■スーパーマリオ30周年記念ライブ公式サイト
http://www.promax.co.jp/mario30thlive/



関連写真

  • 9月に東京・大阪でスーパーマリオ30周年記念ライブを開催
  • 初代『スーパーマリオブラザーズ』画面

オリコントピックス