• ホーム
  • 映画
  • “妖怪”ロボニャン、ターミネーターと初対面に「光栄」

“妖怪”ロボニャン、ターミネーターと初対面に「光栄」

 米俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、12年ぶりにシリーズ復帰することで話題の映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(7月10日公開)。7月6日には東京・六本木ヒルズ・アリーナでジャパンプレミアが開催され、『妖怪ウォッチ』からT-800ターミネーターを彷彿させる妖怪“ロボニャン”が登場することが25日、わかった。「アイルビーバック!」が決め台詞のロボニャンがシュワルツェネッガーと初対面を果たす。

 ロボニャンは、進化したテクノロジーとジバニャンが融合し誕生、未来からやってきた妖怪。『ターミネーター』を彷彿とさせる登場シーン、T-800のようなクールな声、時にT-1000のごとく別の姿へと変身、「アイルビーバック!」の決め台詞など、T-800ターミネーターへのオマージュが多く見られ、ファンの中でも有名なキャラクターだ。

 『妖怪ウォッチ』の生みの親、株式会社レベルファイブ代表取締役社長/CEO、日野晃博氏が同シリーズの大ファンということから企画が実現。「どんなピンチの時も必ず守ってくれるT-800ターミネーターは、今でも私のヒーローです。まさかあのアーノルド・シュワルツェネッガーさんに、ロボニャンがお会いできるなんて思ってもみませんでした。彼もきっと喜んでいると思います」とコメントを寄せている。

 本家本元T-800ターミネーターこと、シュワルツェネッガーと初対面をするロボニャンは「晴れの舞台に招いて頂き光栄だ。もし戦う事になっても負ける気がしないが、ハリウッド映画とやらに私も出演できるのか、交渉してみようと思う。レッドカーペットでまた会おう! アイルビーバック!」と意気込んでいる。



オリコントピックス