• ホーム
  • 芸能
  • 年甲斐もなく… 池谷幸雄、アキレス腱断裂を猛省

年甲斐もなく… 池谷幸雄、アキレス腱断裂を猛省

 体操のソウル、バルセロナ両五輪メダリストでタレントの池谷幸雄(44)が23日、自身のブログを更新。今月のイベントで右アキレス腱断裂、左ふくらはぎ肉離れの大けがをし、全治2〜3ヶ月と診断されたことについて、「年甲斐もなく、調子に乗ってやっちゃいました」と猛省した。

 池谷は今月12日、東京・江東区の東京都現代美術館で行われたデザイナー・山本寛斎氏(71)のファッションイベントに出席。自身が代表を務める「池谷幸雄体操倶楽部」の子どもたちが長さ約100メートルのエントランス部分を使ったパフォーマンス中、その指導をしていたが、退場する際に助走→ロンダート→バック転→バック宙、という連続技を“自主的”に披露。バック宙の踏み切り時に脚を負傷していた。

 けがを報じる新聞記事などを引き合いに池谷は「お騒がせをしておりますが、ユッキィは元気です」と報告し、「年甲斐もなく、調子に乗ってやっちゃいました」と反省した。

 一方で「早く復活して子ども達に体操が教えられるよう、病院でリハビリに日々、励んでます」と元気な様子を伝え、右足のギプスは痛々しいものの、上半身を中心にジムで精力的に筋トレに励む写真も掲載。「アキレス腱が切れないようにバッチリ鍛えなおし、リハビリで早く完治させて、今度は十分な準備体操と柔軟をやってから(笑)、完璧な宙返りやりますよ!!」と再起を誓った。

 最後は「とにかく足以外はめっちゃ元気なので、ご心配なく!!」と結んでいる。

 同倶楽部関係者によると、池谷は現在、車椅子で移動し、自宅では松葉づえを使う生活を送っている。激しい運動を再開するには10ヶ月程度を要する見込みという。



オリコントピックス