• ホーム
  • 音楽
  • LINE MUSIC、公開2日で100万DL 累計楽曲再生数は1200万回

LINE MUSIC、公開2日で100万DL 累計楽曲再生数は1200万回

 LINE MUSICは15日、定額制オンデマンド型音楽配信サービス『LINE MUSIC』(iPhone・Android対応)のダウンロード(DL)数が、サービス公開から2日目となる6月12日時点で100万件を突破したことを発表した。

 同サービスは、邦楽・洋楽・K-POP・アニメ・ボーカロイドなど幅広いジャンルのヒットチャートや新譜をベースに、150万曲以上の楽曲ラインナップや豊富なプレイリストをそろえ、いつでもどこでも利用シーンや気分に応じて、さまざまな楽曲を視聴することが可能。

 また、LINEでつながっている友人やグループに、LINEのトークやアプリ上から楽曲やプレイリストを送り合うことや、送られた楽曲をLINEアプリ内のトーク・タイムライン上で直接再生することができ、音楽をコミュニケーションとして楽しむこともできる。

 6月11日のサービス公開直後より、各報道やソーシャルメディア上で大きな話題になったことや、LINEの友だちに楽曲・プレイリストをシェアできる機能によってユーザー間で利用が拡散したことなどが要因となり、アプリのDLが加速。公開から2日となる6月12日時点で、DL数が100万件(116万件)を突破した。

 さらに、サービス公開後2日間で、累計楽曲再生数は1200万回、LINEのトークへのシェア回数が39万回、ユーザーによるプレイリストの累計作成数が60万件をそれぞれ突破しており、コミュニケーションと掛け合わせた新しい音楽の楽しみ方が広がっている。

 同社代表取締役社長の舛田淳氏は「サービスを公開してわずか2日というスピードで、100万件を超えるダウンロードを記録するなど、音楽×コミュニケーションというLINE MUSICのコンセプトが多くのユーザーに受け入れられていることをうれしく思います」と喜び「今後も、LINE MUSICを通じて、ユーザーに新たな音楽の楽しみ方を提案するべく、音楽参加レーベル・アーティストや提供楽曲の拡充や、サービス機能の改善・拡充を積極的に取り組んでまいります」とコメントしている。



タグ

オリコントピックス