• ホーム
  • 芸能
  • 台場に約80メートルのロングテーブルが登場 本場の豪料理&ワインを堪能

台場に約80メートルのロングテーブルが登場 本場の豪料理&ワインを堪能

 オーストラリア政府観光局が5月29日、東京・台場にて「美食大陸 オーストラリア」キャンペーンの一環として「Restaurant Australia Long-table Dinner」を開催。約80メートルの長さにテーブルを並べ150人の招待客が会し、本場オーストラリア料理とワインに舌鼓を打った。

【写真】その他の写真を見る


 “ロングテーブル”は、20年以上前からメルボルンで毎年開催されている屋外の人気イベントで、近年、日本でも注目されているスタイル。今回行われたディナーには、旅行業界や各種メディア関係者が多数来場。ホテル日航東京の2階屋外デッキに約80メートルの長さにテーブルを並べ、ベイサイドの夜景を楽しみながらの食事体験となった。オーストラリア人シェフ、マシュー・クラブ氏による豪州産食材にこだわった特別ディナーと、そのメニューにマッチしたワインを振る舞い、訪れた招待客もその食材を活かした調理法やワインの味に驚きの声を上げていた。

 また同日には、オーストラリア食文化の認知、促進を目指し、オーストラリア政府観光局、株式会社カカクコム、クックパッド株式会社の3社で宣伝活動を行うことも併せて発表された。今後、株式会社カカクコムが運営する日本最大級のクチコミグルメサイト「食べログ」や、クックパッド株式会社が運営する日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」と連携し、「美食大陸 オーストラリア」の訴求を図っていくという。

 会見に登壇した、ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使は、「今回の会見に立ち会えたことは非常に光栄に思います。日本とオーストラリアは長い間に渡り友好関係を築いてきましたが、今回の試みで日・豪の関係が増々強固なものとなることを確信しております」と確かな手ごたえを明かす。さらに、オーストラリア政府観光局のジョン・オサリバン本局局長も「2015年は、日本の皆様にワールドクラスの食文化を提供します。さらに現在“オーストラリア観光サポーター”を募集中。オーストラリアが大好き、観光プロモーションにご協力いただける方はぜひ応募して欲しい」と力強く語っていた。



関連写真

  • ベイサイドの夜景を楽しみながら本場オーストラリア料理とワインを堪能
  • 本場オーストラリア料理とワインを堪能するロングテーブル
  • 本場オーストラリア料理とワインを堪能するロングテーブル
タグ

オリコントピックス