• ホーム
  • 音楽
  • 【第7回AKB総選挙】高柳明音が14位で初の選抜入り「7年諦めないでよかった」

【第7回AKB総選挙】高柳明音が14位で初の選抜入り「7年諦めないでよかった」

■『第7回AKB48選抜総選挙』開票イベント(6日、福岡・ヤフオク!ドーム)
 “速報16位”だったSKE48チームKIIの高柳明音(23)が、5万2609票で14位に入り、AKB48の41stシングルを歌う選抜メンバーに決まった。7度目の挑戦にして、初の選抜入りを果たした。

 これまでの総選挙では、自分が所属するチームKIIを有名にすることを第一に考えてきた。第3回総選挙で23位にランクインし、ステージから秋元康プロデューサーに「公演をやらせてください!」と直訴したシーンは、あまりにも有名。しかし今回は、チームではなく“自分自身の選挙”と意気込み、ファンの支持を集めた。



総選挙は7回目になるんですけど、7年目にして選抜に入ることができました。まずは言わせてください。本当に本当に本当にありがとうございます!

この1年は、とてもいろんなことがあって、初めての兼任でNMB48でも活動させていただいて、充実していました。その中で、48グループは世代交代と言われて、SKEもセンターが変わったり、未来を担う後輩を育てていかなくちゃいけないから、頭では理解しているのですが、自分もSKE選抜の中でもポジションが下がっていって、悔しい思いもありました。

私の近くで支えてくれていたメンバーが卒業しちゃって、私があまりにも泣くから。きっと卒業していくメンバーも不安で、ファンの皆さんにも心配かけちゃって。でも選抜取ったよって、笑顔で伝えることができます。

この選挙に出ようって、悔しいって思ったきっかけは、お母ちゃんが、ずっとずっと、私が歌番組に出た時に「映らなかったね。でも前で歌っている明音が観たい」って泣かせてしまった時に、本当に親孝行できているのかって思ったからです。

7年間、誰よりも近くで支えてくれた家族に感謝して、お母ちゃんに選抜には入れたよって胸を張って言えます。7年目ですが、諦めないでよかったです。

(柴田)阿弥ちゃんも言っていましたが、SKEはまだまだだと思います。こうやって選抜に入ったからにはSKEの代表の一人として、這い上がってくる後輩の背中を押せるようにしたいです。

※最後に「明音まちゅり〜」 ファン「ちゅり、ちゅり〜」とコールアンドレスポンス

順位推移
初回:圏外 2回:35位 3回:23位 4回:24位 5回:23位 6回:31位 7回初日速報:16位



関連写真

  • 14位で初の選抜入りをしたSKE48高柳明音(C)AKS
  • 7度目で初の選抜入りを果たしたSKE48高柳明音(C)AKS

オリコントピックス