• ホーム
  • 音楽
  • 【第7回AKB総選挙】17位〜32位「アンダーガールズ」決定 各メンバーコメント一覧

【第7回AKB総選挙】17位〜32位「アンダーガールズ」決定 各メンバーコメント一覧

■『第7回AKB48選抜総選挙』開票(6月6日、福岡 ヤフオク!ドーム)
17位から32位までの「アンダーガールズ」は以下のとおり。

17位 43,985票 兒玉 遥 (HKT48 Team H / AKB48 Team K 兼任)
「17位というすてきな順位を投票してくださった皆さんありがとうございます。今年は選抜入りを目標にしていたので、さっしー(指原莉乃)やさくら(宮脇咲良)と楽曲を歌いたかった気持ちもありますが、去年21位から4位もランクアップできて、皆さんと少しずつ上にいける気がしてうれしく思っています。

 1期生として加入して歌もダンスも苦手で何もできなかったですが、なぜか初期にはセンターに選ばれて。でもデビューシングルでは新しいメンバーがセンターを務めていて、私の力不足だな、私には支えられなくて元センターという言葉を胸に活動してきました。去年4枚目のシングルではHKTのセンターに立たせていただいて、待っていたよ、おめでとうって言って下さる人がいたことが本当にうれしくて、次は絶対にこのグループを堂々と引っ張っていくぞ、博多は私が引っ張っていこうと決めました。

 地元福岡が大好きです。だから、博多愛だけは誰にも負けません。もっともっと上を目指して次は選抜入りできるように、きょうから皆さんと一緒に歩んでいきたいと思います」

18位 43,665票 須田亜香里 (SKE48 Team E)
「(涙を流して)投票してくださった皆さん、きょうまで出会ってきた全てのことへありがとうございます。私はきょうがずっと楽しみでした。去年の選抜総選挙では10位に入れていただいて、でも皆さんからいただいた結果を自分で守ることができなくて16人選抜には選ばれなくなってしまいました。だから、きょうきっとまた皆さんが選抜に入れてくれるって思っていたけれど、私の努力不足でした。私、ずっと自分の首を締め続けることでしか頑張れなくて、何回ももう限界って思っていたんですけれど、皆さんの笑顔が見たいからがっかりさせたくなくて。ずっとこうやって追い込んだら一生懸命になれるって一つひとつのことやってきましたが、たぶん楽しむっていうことを忘れていました。アイドルにとって大事なまずは自分が楽しむっていうことをできなかったから、ランクが落ちてしまったんだと思います。これからは全てのことを笑顔に変えてみせるので、これからもよろしくお願いします。

19位 35,506票 峯岸みなみ (AKB48 Team K)
「まさか速報60位から19位まで這い上がってこられるとは思っていませんでした。私はAKBに入って10年になりますが、今まで与えられたチャンスは少なくなく、むしろ多い方だと思います。ですが、恵まれた環境に甘え、チャンスをいかすことができてこれませんでした。最近では16人の選抜に選ばれないこともありました。悲しいのは、喜ぶファンの皆さんの顔を見られないこと、年内の卒業を発表したたかみな(高橋みなみ)、いつか卒業する(小嶋)陽菜、大好きな同期の二人と活動する時間が減ってしまったことです。本当は一分一秒でも長くAKBの先頭を走っていたかったんですが、追いつけない自分を不甲斐なく思っていました。こんな私を今でも応援してくれるメンタルの強い、そして心の強いファンの皆さんの手は離さないようにこれからも頑張っていきたい。AKBイズムをメンバーに伝えるメンバーでいたいです。これからもよろしくお願いします。

20位 30,021票 大矢真那 (SKE48 Team S)
「今年も徳光(和夫)さんに名前を読んでいただけました。私とともに一緒に歩んでいる皆さま、一緒にステージに立っているつもりですが、一緒に立てているのは真那コミュニティの皆さま全ての方のおかげだと思います。名前が呼ばれるまで吐きそうで、心臓が口から出ていたと思いますが、呼ばれたので大丈夫でした。SKEに入って約7年で、6年間ファンの方と握手会で会話が成立したことなくて時間をかけてしまいましたが、1年くらい前から驚くほど成長して会話ができるようになりました。食べる専門と言ってきましたが、料理の腕もあがり女性としても成長することがきました。手が震える(涙)。私のSKEのヒストリー、歴史をまた一つ紡いでくださった皆様に毎年させていただいているありがとうございましたをさせていただきます。『ありがとうございました』」

21位 28,197票 朝長美桜 (HKT48 Team KIV / AKB48 Team 4 兼任)
「21位というすてきな順位をありがとうございます。感謝しています。私は本当に皆さんに支えられてここまで来ることが出来てうれしいです。もっともっと上を目指したいので、応援よろしくお願いします」

22位 26,994票 木崎ゆりあ (AKB48 Team B)
「速報で57位って聞いたときやばいなって思ったんですけれど、ファンの皆さんやお友達が励ましてくれたり、あまりお金を持っていないおばあちゃんが50票も入れてくれたり、いろんな人が支えてくれました。私は演技のお仕事をしていきたいので、選抜には入っていないけれど、演技で納得させる人になりたいです。

23位 26,051票 谷真理佳 (SKE48 Team E)
「谷真理佳ちゃんでーす。SKE48の谷です、谷真理佳です。覚えてください。初めて名前を呼ばれたんですけれど、このステージに立ちたくて、応援していただける皆さんのおかげで立つことが出来ました。本当にありがとうございます。HKT48から移籍してやく1年経ちましたが、一番うれしかったことはSKE48の谷真理佳としてこのステージに立てたことが本当にうれしいです。気持ちを伝えるのはすごく苦手なほうですが、一生懸命さと謙虚さとたまにグイグイは負けないです。このトロフィー飾ります。次はもっともっと頑張りたいです」

24位 25,650票 古畑奈和 (SKE48 Team KII)
投票してくださった皆さんありがとうございました。私はSKE48が、AKB48グループが本当に大好きです。大好きすぎて大好きなんです(泣)。なんだって捧げたいと思うし、アイドルとしての人生を全部全部捧げたいです。それくらい大好きなんです。熱い思いを伝えるのは本当に怖くて、でも私が大好きになったこのグループのメンバーだったらどんなことを思われてもいいかなと思います」

25位 25,421票 高橋朱里 (AKB48 Team 4)
「去年28位にランクインして、1年すごくいろんな環境が変わって、今までなかった思いが増えて。でも、今年の総選挙は環境が変わったぶん、私を支える存在が変わっていないか不安で。でも、速報で23位に呼ばれて、今回ステージに立たせていただいて、去年と変わらずもっと大きな力で支えてくれると思うとうれしいです。目標の選抜には手が届かなかったですが、私のことを、こんな私を大切に思ってくれて、たくさんの思いや言葉で支えてくれる皆さんは私の唯一の誇りです。もっと来年この日があるならもっと上を目指していきたいと思います。ファンの皆さんもついてきてくれるように今年1年また頑張りたい。AKBはどんどん先輩が卒業していってしまった、直総監督の横山由依先輩を支える力のある頼りになる後輩になれるよう頑張りたい」

26位 25,117票 小嶋真子 (AKB48 Team 4)
「今年は総選挙速報で圏外と知って、今年1年もたくさんのチャンスをいただいてきたから、圏外にいちゃいけないっていうプレッシャーもあったし、ファンの方が元気づけてくれたり、私は幸せ者だなと思うことができました。参加してみてわかったことがあって、総選挙の結果は票数とか順位だけが大事なんじゃなくて終わった後にファンの皆さんとやりきったねと笑いあえることが大事だとわかりました。目標は選抜入りでしたが、圏外から26位まで上がることができましたし、笑いあえていると思うので本当に幸せな総選挙になりました。自分のファンの皆さんを誇りに思っています。私のファンの皆さんに推していることを誇りに思うと言っていただけるように頑張ります」

27位 24,708票 大場美奈 (SKE48 Team KII)
「投票してくださった皆さん、いつも応援して下さる皆さんありがとうございます。私はAKB48の9期生で、入ってから波瀾万丈な人生でしたが、応援してくださる方はSKEに移籍してからもついてきてくださるし、SKEに移籍してからのファンの方にも後悔させないよってたくさんの方が言ってくれて、こんなにすてきな総選挙になりました。目標のアンダーガールズ入り達成できました。こういう場でふざけたり目立ったことはしないですが、ファンの方と約束した『AKB SHOW』のコントのせりふを言います。『本当かわいくてすみません』。ありがとうございました」

28位 24,569票 加藤玲奈 (AKB48 Team B)
「私は去年32位で上がることができてうれしく思っています。加藤玲奈って検索したら“見つかる”ってネタにされているんですけれど、これからはテレビに出たときにこの子が加藤玲奈ちゃんだねって覚えていただけるように頑張りたいです」

29位 23,237票 岡田奈々 (AKB48 Team 4)
「本当に呼ばれた瞬間すごくうれしくて。アンダーガールズのセンターを目標にしていたのですが、速報をうけて選抜に入りたいですって変えたんです。でも…ボキャブラリーが少なくてうまく伝えられないですが本当にうれしくて。今ハッピーです! ありがとうございました」

30位 22,502票 高城亜樹 (AKB48 Team K)
「今年の総選挙は同じ年代の子たちが辞退して出るか悩んだのですが、出てよかったなと順位をいただいて、重みを受けて本当にそう思っています。去年から1年やりたいようにやらせてもらって自分の道を切り拓けているかなって思うので、今年も私についてきてくださるファンの方がいる限り頑張ります。本当しかでてこないですが、本当にうれしいです」

31位 22,487票 渕上舞 (HKT48 Team KIV)
「今年総選挙で初めてランクインすることができました。応援してくださった皆さんありがとうごじあます。速報で15位にランクインして、結果をうけて私のことを知った方がいると思います。31位という順位をいただけて、65位の目標を超えましたが夢のようです。ありがとうございます。18年間生まれ育った福岡での総選挙で、たくさんの方が応援してくれました。HKTに入ってよかったと思うことは、握手会で福岡出身で違う地方に住んでいる方から自分の地元に帰りたくなるよって声をかけていただくことがうれしいです。将来の夢はお天気キャスターになることなので、まずは福岡の朝の顔になれるよう頑張ります」

32位 22,191票 田島芽瑠 (HKT48 Team H)
「今回は投票してくださった皆さん、応援してくださった皆さんありがとうございます。目標のアンダーガールズになりました。今年は皆さんにうれしい報告をする機会がなく悔しい気持ちもありましたが、応援して下さるおかげで愛の票をいただけました。総選挙になるときにアンダーガールズに入ったらここで言おうかなと思っていたことがあるのですが、私は欲張りなのでまだまだこの順位じゃ物足りないので、次あるのなら選抜を目指して皆さんと一緒に頑張って行きたいです。皆さんと一緒にもっと上をめざしてAKB48さんの力になれるよう頑張りたいです」

第17位 兒玉遥 43,985票 (HKT48 Team H / AKB48 Team K兼任)
第18位 須田亜香里 43,665票 (SKE48 Team E)
第19位 峯岸みなみ 35,506票 (AKB48 Team K)
第20位 大矢真那 30,021票 (SKE48 Team S) 
第21位 朝長美桜 28,197票 (HKT48 Team KIV / AKB48 Team 4兼任)
第22位 木崎ゆりあ 26,994票 (AKB48 Team B)
第23位 谷真理佳 26,051票 (SKE48 Team E)
第24位 古畑奈和 25,650票 (SKE48 Team KII)
第25位 高橋朱里 25,421票 (AKB48 Team 4)
第26位 小嶋真子 25,117票 (AKB48 Team 4)
第27位 大場美奈 24,708票 (SKE48 Team KII)
第28位 加藤玲奈 24,569票 (AKB48 Team B)
第29位 岡田奈々 23,237票 (AKB48 Team 4)
第30位 高城亜樹 22,502票 (AKB48 Team K)
第31位 渕上舞 22,487票 (HKT48 Team KIV)
第32位 田島芽瑠 22,191票 (HKT48 Team H)



関連写真

  • 17位から32位までの「アンダーガールズ」(C)AKS
  • 17位を獲得したHKT48兒玉遥(C)AKS
  • 17位を獲得したHKT48兒玉遥(C)AKS

オリコントピックス