• ホーム
  • 音楽
  • 吉井和哉&グドモ、『ドラゴンボール超』テーマ曲担当

吉井和哉&グドモ、『ドラゴンボール超』テーマ曲担当

 歌手・吉井和哉が、7月よりフジテレビ系ほかで放送されるアニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』(毎週日曜 前9:00※一部地域は除く)のオープニング曲を担当することが19日、明らかになった。都内で行われたイベント『TRIAD ROCKS』で発表された。吉井がソロ名義でテレビアニメのテーマソングを担当するのは初めて。また、エンディング曲は4人組ロックバンド・グッドモーニングアメリカに決定した。

【写真】その他の写真を見る


 テレビアニメ『ドラゴンボール』の新シリーズとなる『ドラゴンボール超』。現在は『改(魔人ブウ編)』が放送されているが、デジタルリマスター再編集版であるため、アニメの新作は、実に18年ぶり。新シリーズは魔人ブウとの戦いを終えた地球が舞台。

 吉井が歌うオープニング曲「超絶☆ダイナミック!」の作詞は、『改(魔人ブウ編)』のオープニング曲「空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go」に続き、森雪之丞氏が手がける。吉井は「子供達が学校の帰り道につい口ずさんでしまうメロディー。そして、その歌を呟けば、思わず強くなれるような、力が湧いてくるような曲を作りたいと思いました。僕が孫悟空に持つイメージでもある、優しくて大きな強さの中にあるセクシーさも表現したかった」と語っている。

 一方、エンディング曲「ハローハローハロー」を歌うグッドモーニングアメリカは、『改(魔人ブウ編)』エンディングテーマ「拝啓、ツラツストラ」に続く、「ドラゴンボール」シリーズ2回目の楽曲提供となる。ボーカルの金廣真悟は「ドラゴンボールの歴史とともに刻まれるような、とっておきの「超」新曲を持って来たので、楽しみにしていてください」と期待をあおる。

 両曲は8月以降に発売予定。



関連写真

  • 『ドラゴンボール超(スーパー)』のOPは吉井和哉に決定! 撮影:山本倫子
  • ソロ名義では初めてTVアニメのテーマソングを担当する吉井和哉
  • ED曲はグッドモーニングアメリカの「ハローハローハロー」
  • ED曲はグッドモーニングアメリカの「ハローハローハロー」 撮影:山本倫子

オリコントピックス