• ホーム
  • 音楽
  • 【AKB大運動会】5時間の激闘! チーム8が優勝 チームAは最下位で罰ゲーム

【AKB大運動会】5時間の激闘! チーム8が優勝 チームAは最下位で罰ゲーム

 AKB48が9日、東京・有明コロシアムで『第2回AKB48大運動会』を開催した。同イベントが行われるのは2009年10月以来、5年半ぶり。3月の「春の人事異動」で発表された5チーム対抗戦が行われ、約5時間の激闘を制して都道府県選抜のチーム8が最終競技のチーム対抗レリーで1位に。逆転優勝をもぎとった暫定キャプテンの太田奈緒は「みんなでつかんだ1位。うれしいです」と大喜び。最下位を告げられたチームAの島崎遥香、川栄李奈らは罰ゲームの会場の片付けを黙々と始め、会場は笑いに包まれた。

【写真】その他の写真を見る


 目玉は全員参加のチーム対抗リレー。最終競技を残して1位に立ったチームKはリレーでも強さを発揮し、序盤は他を寄せ付けなかったが、阿部マリアがまさかの大ブレーキ。チーム8が佐藤七海の快走で抜き去ると、そのまま死守した。2位争いは熾烈でアンカーのキャプテン対決となり、チームBの木崎ゆりあとチーム4の高橋朱里が根性を見せ合い、体を寄せ合って雪崩れ込む形に。僅差でチームBが2位、チーム4が3位、チームAが4位、チームKはまさか最下位に終わった。

 最終結果は1位チーム8(250ポイント)、同率2位チームK、チーム4(180ポイント)、位チームB(140ポイント)、最下位チームA(100ポイント)。高橋みなみ、小嶋陽菜が欠場するなか、チームAを引っ張った横山由依は「最下位だったんですけど、振り返ってみると、大縄が2回しか飛べない伝説、めったに見られないぱるる(島崎遥香)の本気も見られた」と笑顔。大逆転負けを喫した峯岸は「最初は調子がよくて、最後は最下位になってしまって、いいときも悪いときもあるのがチームKらしい」と総括した。

 優勝賞品は密着カメラが入らない完全プライベートの「チーム全員で一泊二日の温泉旅行」と「チーム全員にソロ曲」。優勝チームメンバーはそれぞれ、AKB48の既存曲の中から好きな楽曲を選んでレコーディングし、ソロで配信できる。最下位の罰ゲームは、チーム全員で会場の撤収作業。罰ゲームの模様はDVD特典映像として収録される予定。

 競技の合間には新チームで初パフォーマンス。チームAは「大声ダイヤモンド」、チームKは「転がる石になれ」、チームBは「初日」、チーム4は「清純フィロソフィー」、チーム8は「47の素敵な街へ」とそれぞれの代表曲を披露し、ファンを沸かせていた。

 新チームで結束を深めたAKB48は、あすは同所で『第2回AKB48グループ ドラフト会議』を開催。国内姉妹グループのSKE48NMB48HKT48、NGT48も参加する。大縄跳びでまさかの2回という伝説を作ったチームAの横山は「チームに足りなかったこと、縄とびが跳べる子がほしいとか、チームに必要な人材がわかった」と締めくくった。



関連写真

  • 『第2回AKB48大運動会』はチーム8が優勝 (C)AKS
  • 『AKB48第2回運動会2015』の様子(C)AKS
  • 『AKB48第2回運動会2015』の様子(C)AKS
  • 『AKB48第2回運動会2015』の様子(C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』チーム別楽曲披露の模様(C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』チーム別楽曲披露の模様(C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』チーム別楽曲披露の模様(C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』チーム別楽曲披露の模様(C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』チーム別楽曲披露の模様(C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』チーム別楽曲披露の模様(C)AKS

オリコントピックス