• ホーム
  • 音楽
  • 【AKB大運動会】村山彩希、30メートル走V「3度目の正直」

【AKB大運動会】村山彩希、30メートル走V「3度目の正直」

 AKB48が9日、2009年10月以来、5年半ぶりの『第2回AKB48大運動会』を東京・有明コロシアムでを開催。3月の「春の人事異動」で発表された新体制の5チーム対抗戦を繰り広げる。

【写真】その他の写真を見る


 第1種目は30メートル走。チームA、K、B、4、8の5チームが走力自慢の代表メンバー5人を送り込んだ。予選5組をそれぞれ1位で通過したのは小嶋真子(チーム4)、村山彩希(チーム4)、太田奈緒(チーム8)、山田菜々美(チーム8)、中野郁海(チーム8)といずれも4と8のメンバー。予選第5組で俊足の松井珠理奈(チームK)を下した中野は「珠理奈さんにあこがれていて、いつか抜かしたいと思っていた」と大喜びし、珠理奈は「私も18(歳)になったので、現役には負ける」と悔しがっていた。

 決勝戦は、村山が2度のフライングのあと快足を飛ばして文句なしで優勝を決め、大きくガッツポーズ。実行委員長のアンタッチャブル山崎弘也から「予選から3回くらいフライングしてるからね。オリンピックなら失格だから」とさんざんツッコまれながらも「3度目の正直。運動会でフライングは恒例なんですけど、1位をとれたから言うことない」とドヤ顔。2位には小嶋が入り、チーム4がワンツーフィニッシュとなった。

 メンバーは優勝チームの賞品「全員で1泊2日の温泉旅行」「全員ソロ曲配信リリース」をかけ、また、最下位チームの罰ゲーム「全員で会場の撤収作業」を免れるため、ガチンコ対決を繰り広げる。

 なお、総監督の高橋みなみは体調不良のため急きょ欠席。高橋はトークライブアプリ755で「突然のお知らせになってしまいごめんなさい。体調が悪くなってしまい運動会に出席できなくなりました。朝病院に行き、薬をいただいて今はお家で安静にしています」と報告。「楽しみにしてくださっていた皆さんごめんなさい。そしてせっかくの新チームでの初めてのイベントに皆と一緒にでることができずとても悔しいですし、メンバーに申し訳ないです。早く治します」と詫びた。



関連写真

  • 「第2回AKB48大運動会」の30メートル走で優勝した村山彩希 (C)AKS
  • 『AKB48第2回運動会2015』の様子(C)AKS
  • 『AKB48第2回運動会2015』の様子(C)AKS
  • 『AKB48第2回運動会2015』の様子(C)AKS

オリコントピックス