• ホーム
  • 音楽
  • KAT-TUN、3年ぶりの東京D公演2日間で11万人熱狂

KAT-TUN、3年ぶりの東京D公演2日間で11万人熱狂

 4人組グループ・KAT-TUNが10日、東京ドームで『KAT-TUN LIVE 2015“quarter”in TOKYO DOME』を開催。今年デビュー9周年を迎える同グループにとって3年ぶりとなる東京ドームでの公演はきのう、きょう2日間で11万人を動員。開演前の会見で亀梨和也は「引き続き10周年にむけて、僕らもいろいろな景色を見せることができるようにやっていきたい」と意気込んだ。

 今回、「Japanese」「Rock」「Digital」(4曲のマッシュアップや電飾アイテムを取り入れる)、「shuffle」(ソロ曲のシャッフルやお客さんとの掛け合い)の4つのコーナーで構成。4分割ムービングステージ「“quarter”MOVING」や、4分割稼働LED「“quarter”VISION」といった最新技術を取り入れたステージでグループの個性を生かしたライブを展開。最新シングル「KISS KISS KISS」など全25曲を披露した。

 従来とは違いアルバムを引っさげてのライブではないため、選曲には時間を費やしたようで、中丸雄一は「A面とカップリングのバランスも何度も話し合って、ちょうどいいバランスになっている」と胸を張り、上田竜也は「KAT-TUNの曲を改めて聞くといい曲あるなって」と自画自賛。亀梨は「僕らにとってもスペシャルな内容になっている」と自信をのぞかせた。

 コンサートタイトルの「quarter」の“q”は『9周年』の“9”とのダブルネーミング。ライブグッズの定番であるペンライトも指輪型にして、一部ファンの間では「求婚」(9コンサート)の意味と捉えられているが、亀梨は「なんか生えてきそう」と“球根”と取り違える天然ぶりも発揮。ファンへの“プロポーズ”を求められると田口淳之介は「えぇ〜照れますけど、アイアイ愛してる♪」とマイペースにおどけ、その場を和ませていた。



オリコントピックス