• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】浜田省吾、14年半ぶり首位 オリジナル盤18年ぶりは歴代1位

【オリコン】浜田省吾、14年半ぶり首位 オリジナル盤18年ぶりは歴代1位

 シンガー・ソングライター、浜田省吾(62)のオリジナルアルバム『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』(4月29日発売)が、初週で8.0万枚を売り上げ、5/11付週間アルバムランキング1位に初登場。シングル・アルバムを通じ首位は、2000年11/20付のベストアルバム『The History of Shogo Hamada“Since 1975”』(2000年11月発売)以来14年半ぶりで、アルバムの首位は通算9作目となった。

 オリジナルアルバムの首位は、96年11/25付の『青空の扉』(1996年11月発売)以来18年半ぶり。これまでマドンナ(56)が保持していた『オリジナルアルバムの首位インターバル記録』である17年11ヶ月(90年6/25付『アイム・ブレスレス』〜08年5/12付『ハード・キャンディー』)を7ヶ月更新し、同記録で歴代1位となった。

 本作は、05年7月発売の『My First Love』(最高位2位)以来約10年ぶりのオリジナルアルバム。今年1月に公開した映画『アゲイン28年目の甲子園』の主題歌「夢のつづき」を含む全17曲が収録されている。

 なお、今週付のアルバムランキングでは、浜田が75年のデビュー当時ドラマーとして在籍していたバンド・AIDOの『AIDO Complete Collection』(4月29日発売)が初週売上5014枚で初登場11位。シングル・アルバムを通じ初のランクイン(=TOP300)にしてTOP20入りを果たした。

■オリジナルアルバム首位インターバル記録TOP3
1.浜田省吾…18年6ヶ月
 (96年11/25付『青空の扉』〜本作)
2.マドンナ…17年11ヶ月
 (90年6/25付『アイム・ブレスレス』〜08年5/12付『ハード・キャンディー』)
3.徳永英明…17年7ヶ月
 (91年10/14付『Revolution』〜09年5/18付『WE ALL』)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • オリジナルアルバム『Journey of a Songwriter〜』で14年半ぶりに首位を獲得した浜田省吾
  • オリジナルアルバム首位はインターバル歴代1位の18年半ぶり

オリコントピックス