• ホーム
  • 音楽
  • 金爆、沖縄風曲がネットで話題に じゅん選手はライブ共演熱望

金爆、沖縄風曲がネットで話題に じゅん選手はライブ共演熱望

 ビジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバー鬼龍院翔がパーソナリティーを務めるラジオ番組『ゴールデンボンバーの鬼龍院翔のオールナイトニッポン』(毎週月曜 深1:00 ニッポン放送)の27日放送回のCMで、何の前ふりもなく同バンドの「片想いでいい」を沖縄風にカバーした楽曲が流れ、ツイッターで話題騒然となった。

 またたく間に「え、いまの何?」「何このアレンジ!」といった書き込みがあふれ、リスナーの予想以上の反応を受けて鬼龍院自ら種明かし。同曲は、沖縄のビーチフェスや首都圏各地で開催される沖縄フェスにも引っ張りだこのDJ SASA率いるユニット「DJ SASA with THE ISLANDERS」が、もし金爆(ゴールデンボンバー)が沖縄風だったら!? をテーマにゴールデンボンバーを全編カバーしたアルバム『金爆人(きんばくんちゅ)』(5月13日発売)に収録される1曲だった。

 楽曲を沖縄テイストにカバーする同ユニットは、スタジオジブリ映画の楽曲を沖縄風に歌ったアルバム『ジブリんちゅ』が、土産物屋が軒を連ねる沖縄の国際通りでヘビーローテーションされるほどの人気に。那覇市内のCDショップの店内年間アルバムチャートでは、ミリオンアーティストを抑えて1位になるほどで、その後もラブソング、アニソン、クリスマスソング、キッズソングなどあらゆるジャンルの楽曲を沖縄テイストでカバーしている。

 27日放送回の反響があまりにも大きかったため、『金爆人』発売元のキングレコードは翌28日から、同アルバムに収録される「女々しくて(ウチナーグチ version)」を急きょ先行で配信を開始した。本作には、いま沖縄で最も注目を浴びている芸人の一人、じゅん選手が参加している。

 特技が「うちなーぐち(沖縄方言)」と公言しているじゅん選手は、沖縄のローカル番組『こきざみぷらす』内でファストフード店のドライブスルーで標準語を使わずに注文するという企画に出演。オリジナルの歌詞の跡形もないほど100%こってこての沖縄方言に“翻訳”した「女々しくて」を口ずさみ、人気に火がついた。その模様が収められたYouTubeの動画再生回数は37万回を突破している。

 じゅん選手は「テレビ番組うてぃ、歌あびたるうちなーぐちぬ『女々しくて』がマギくCDないんでぃち、いーみまでぃんうむわんたん!(=テレビ番組で少しだけ披露したウチナーグチの『女々しくて』がフルサイズでCDになるとは夢にも思いませんでした!)」と大感激。

 「7月ないねー本物ぬゴールデンボンバーさんがコンサートし、うちなーんかい、めんせーくとぅ、いちステージんかい、ゆばってぃんゆたさるあたい、なまからくくるぬ準備ぐゎーそーちゅんどーさい!(=7月には本物のゴールデンボンバーさんがコンサートで沖縄に来るようなので、いつステージに呼ばれてもいいように、今から心の準備をしておきます!)」と本家とのステージ共演にも色気を見せている。

■DJ SASA with THE ISLANDERS『金爆人』収録曲
01. 女々しくて
02. ローラの傷だらけ
03. あの素晴しい朝をもう一度
04. Dance My Generation
05. 片想いでいい
06. 女々しくて(島唄酒場 version)
07. 眠たくて
08. もうバンドマンに恋なんてしない
09. 女々しくて(ウチナーグチ version)
10. 片想いでいい(Remix version)
※収録曲は全てカバー曲



関連写真

  • もし金爆が沖縄風だったら!?をテーマにしたカバーアルバム『金爆人(きんばくんちゅ)』(5月13日発売)
  • 沖縄関連フェスにひっぱりだこ!DJ SASA率いる「DJ SASA with THE ISLANDERS」
  • 100%こってこての沖縄方言で「女々しくて」を歌った芸人・じゅん選手

オリコントピックス