• ホーム
  • 音楽
  • 布袋寅泰、海外レーベル『Spinefarm Records』と契約

布袋寅泰、海外レーベル『Spinefarm Records』と契約

 世界での活動に重点を置くためロンドンへ移住している、ギタリストで歌手の布袋寅泰(53)が、海外レーベル『Spinefarm Records』と契約を結んだことを16日、発表した。

 同レーベルとの契約にあたり布袋は「英国に住み3年。頼もしいチームと共にいよいよ世界への挑戦が始まる。僕を信じ支えてくれる全ての人の為に、骨太のロックを届けたい。そして必ずこのチャンスを結果に繋げたい」とメッセージ。

 また、ユニバーサル ミュージック・グループ、Global Marketing統括 アンドリュー・クロンフェルド副社長は「TOMOYASU HOTEIとの関係をスパインファームを通してより広げていけることを誇りに感じております」とコメント。

 同レーベルUKの部長、ダンテ・ボヌート氏は「彼のきょうまでの実績は偉大で、特に『Battle Without Honor or Humanity』は音楽好きの人々で無くても、誰でも知っているお馴染みの曲です。この先、彼と共に歩む“旅”が楽しみです」と期待を寄せている。

 契約後の初リリースは、最新アルバム「New Beginnings」収録曲で、米アーティスト、イギー・ポップをゲストボーカルに迎えた「How the Cookie Crumbles」を、UK&ヨーロッパ先行で6月15日に配信する。



オリコントピックス