• ホーム
  • 音楽
  • 地元開催の指原、ついに決断 総選挙受付最終日に立候補

地元開催の指原、ついに決断 総選挙受付最終日に立候補

 アイドルグループ・HKT48指原莉乃(22)が29日、『第7回選抜総選挙』(6月6日開票、福岡 ヤフオク!ドーム)に立候補した。受付最終日の同日、立候補の届出を提出し、午後1時15分に受理された。

 昨年、速報1位から渡辺麻友(21)に逆転され、史上初の総選挙2連覇を逃した指原は「来年も絶対総選挙に出るので、1位になります」と即座に宣言。しかし、今月20日に今年の開票イベントがHKT48劇場の目と鼻の先にある福岡 ヤフオク!ドームで行われることが発表され、「HKTに追い風」と地元有利説が報じられると、「出馬するか迷っています」「出るかどうか決めていない」と態度を保留していた。

 25日付のツイッターでは「いつも誰かのライバルになるのも本当に怖いし疲れちゃったよ」「去年のことを思い返すと怖いだけなんです。知らない評論家?のおじさんに指原退治って言われたり、握手でたくさん嫌なこと言われたり。去年2位だったのにまた指原退治って言われるのかな?いつもこの時期は弱気です」と出馬保留の理由を吐露していた。



関連写真

  • 立候補の届出を提出する指原莉乃 (C)AKS
  • 指原莉乃(写真は昨年の総選挙の模様) (C)AKS

オリコントピックス