• ホーム
  • 音楽
  • モー娘。『プリキュア』新作映画の主題歌抜てき 飯窪&石田&小田が初声優に挑戦!

モー娘。『プリキュア』新作映画の主題歌抜てき 飯窪&石田&小田が初声優に挑戦!

 アイドルグループ・モーニング娘。’15が、『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』(3月14日公開)の主題歌を務めることが9日、わかった。また、飯窪春菜(20)、石田亜佑美(18)、小田さくら(15)が自身をイメージして描いた妖精キャラクターが劇中に登場し、声優に初挑戦する。

【写真】その他の写真を見る


 シリーズ7作目となる今作から歌とダンスをテーマに生まれ変わった『映画プリキュアオールスターズ』(『映画プリキュア』シリーズとしては18作目)。劇中でプリキュアが歌う「イマココカラ」をモー娘。が主題歌として歌唱することが決定。12年目を迎えたプリキュアの歴史のなかで、映画で使用する楽曲をアーティストが歌うのは初となる。

 また、テレビシリーズ、映画のエンディングではおなじみのCGダンスを実写版でも初めて採用。プリキュアと5大都市(東京、大阪、名古屋、北海道、福岡)で募集した子どもたちが踊ったエンディングダンスが映画のエンディングとして流れ、モー娘。メンバー全員も登場する。

 プリキュア映画の主題歌が決定し、「子どもの頃に大好きだったアニメの曲を歌えるなんて夢のようです!」と大興奮のメンバーたちは、「皆で歌って子どもたちと一緒に踊ったりするなど、最後まで楽しめるので、ぜひ劇場に観に来てくださいね!」とアピール。飯窪、石田、小田が自ら描き、声を担当した妖精のキャラクターはどのシーンで登場するのか、「よく観て探してみてください!」と呼びかけた。



関連写真

  • 『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』の主題歌に選ばれたモーニング娘。’15
  • プリキュアの映画で使用する楽曲をアーティストが歌うのは初
  • モーニング娘。’15の飯窪春菜のイラストを基にしたキャラクターが劇中に登場
  • モーニング娘。’15の石田亜佑美のイラストを基にしたがキャラクターが劇中に登場
  • モーニング娘。’15の飯窪春菜のイラストを基にしたキャラクターが劇中に登場

オリコントピックス