• ホーム
  • 音楽
  • SKE衝撃予告映像にファンどよめき「プロポーズしてもらって…」

SKE衝撃予告映像にファンどよめき「プロポーズしてもらって…」

 人気アイドルグループ・SKE48初のドキュメンタリー映画のタイトルが『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』(2月27日公開)に決まり、劇場予告編映像が22日、東京ドームシティホールで行われた『AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015』の2日目公演で流れた。

 AKBグループと乃木坂46のドキュメンタリー映画5本の先陣を切る本作の予告編映像は、2013年4月にSKE48を卒業した小木曽汐莉(22)の「プロポーズしてもらって…」という衝撃コメントからスタート。会場がどよめくなか、次々と卒業生の姿が映し出された。

 監督は元NHKのプロデューサー・石原真氏(現NHKエンタープライズ所属)が担当。劇場映画監督デビュー作となる本作では、2008年の結成以来撮り続けられてきた膨大な記録映像に加え、現役、卒業生を含めた40人以上のメンバーの単独インタビューを織り交ぜる。

 世代交代のために自ら卒業を決断したメンバー、厳しい現実にさらされながら夢を追い続けている卒業生、相次ぐ卒業宣言に戸惑いながらも、何とか前へ進もうと手を取り合う現役メンバーたち。あふれる涙をぬぐおうともせず、「涙の歴史」が赤裸々に語られる。

 松井珠理奈は「映像を見ただけで涙が出そうでした」と話し、須田亜香里は「卒業生がたくさん出ていてびっくり。楽しみすぎて、公開前夜は徹夜で並びたい」と大はしゃぎ。松井玲奈は「SKE48の6年半、お見せできなかった部分もあると思うので、楽しみにしていただけたら」と呼びかけていた。

■劇場予告編(23日午後6時解禁)
https://www.youtube.com/watch?v=Zc_sPzQUv0w



オリコントピックス