• ホーム
  • 芸能
  • 乙女の純情、“4度目の正直”ご当地アイドルの頂点に「あきらめなくて良かった」

乙女の純情、“4度目の正直”ご当地アイドルの頂点に「あきらめなくて良かった」

 福岡出身の5人組ご当地アイドル・乙女の純情が30日、東京・台場のZepp Tokyoで開催されたイベント『U.M.U AWARD 2014〜リアル地方創生の天使たち〜』で、ご当地アイドルNo.1に輝いた。

 “U.M.U”とは、アンダー(under)のU、メジャー(major)のM、ユニット(unit)のUのことで、同イベントはメジャーアイドルたちの次を狙う地方アイドルにスポットライトを当てるべく企画され、今年で5回目となる。書類審査などを経て8組の決勝大会出場グループがこの日、制限時間5分以内のパフォーマンスでし烈なアピール合戦を繰り広げた。

 1位を獲得した乙女の純情は、懐かしい昭和アイドルサウンドで純情な乙女心を包み込み、博多から全国に愛と幸せを届ける「博多のやまとなでしこ」をコンセプトに、里菜(19)、彩夏(さいか/20)、恋子(こいこ/18)、妙華(たえか/17)、渚(19)の5人で結成。過去に3回ファイナリスト(2010、12、13年)となりながら1位を逃してきた経緯があるだけに、今回の“4度目の正直”にメンバーも「やっと優勝することができました。あきらめなくて良かったです」と喜びもひとしお。

 「今年は最高の締めくくりができたので、来年は、CDデビューすることが目標です! 今は地元・福岡を中心に活動していますが、県外にも活動の幅を広げたい。そして来年の今ごろは…紅白歌合戦のリハーサルをしているはずです!!」と大きな野望を語っていた。

 審査委員長を務めたラジオパーソナリティ・映画コメンテーターの有村昆氏は「1980年代のアイドルのようなコンセプトがはっきりしていて良かった。悩みましたが、最後は満場一致でした」と評した。

 ほかに、決選大会に出場したのは、アイくるガールズ(福島)、柊木りお(東京)、銚子元気娘。(千葉)、アイドル教室(愛知)、OSAKA翔GANGS(大阪)、だいやぁ☆もんど(鳥取)、はちきんガールズ(高知)。



関連写真

  • グランプリを射止めた乙女の純情(福岡県出身)=『U.M.U AWARD 2014』〜リアル地方創生の天使たち〜
  • (写真左から)里菜、彩夏(さいか)、恋子(こいこ)、妙華(たえか)、渚
  • 80年代のアイドルのような【博多のやまとなでしこ】がコンセプトの乙女の純情

オリコントピックス