• ホーム
  • デジタル
  • 『東京ゲームショウ2014』総来場者数25万人超え 歴代2位の盛況ぶり

『東京ゲームショウ2014』総来場者数25万人超え 歴代2位の盛況ぶり

 千葉市の幕張メッセで18日から開催された『東京ゲームショウ2014』が21日に閉幕し、4日間の総来場者数が歴代2位の25万1832人だったことがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 「GAMEは変わる、遊びを変える。」をテーマに、最新のゲーム端末などを集めて開催された同イベントは、韓国やイギリスなど32の国と地域からこれまでで最も多い421の企業と団体(うち海外202)が参加。ビジネス商談数も過去最多の601件にのぼった。

 さまざまなプラットフォームに向けた多彩な新タイトルや、仮想世界を現実のように再現するバーチャルリアリティー(VR)に対応したヘッドマウントディスプレイに長蛇の列ができるなど、最新技術を使ったゲームが大きな関心を集めていた。

 来年は9月17日から20日まで、例年どおり幕張メッセで開催される予定。

■来場者数内訳
9月18日(木)ビジネスデイ 2万7786人
9月19日(金)ビジネスデイ 2万8647人
9月20日(土)一般公開日 9万2308人(内ファミリー 5951人)
9月21日(日)一般公開日 10万3091人(内ファミリー 9245人)

合計25万1832 人(内ファミリー 1万5196人)



関連写真

  • 歴代2位の来場者数を記録した『東京ゲームショウ2014』
  • 『東京ゲームショウ2014』ではVR(仮想現実)に対応したヘッドマウントディスプレイを本格的に展示
  • 『東京ゲームショウ2014』一般公開日の会場の様子(9月20日撮影)
  • 『東京ゲームショウ2014』「日本ゲーム大賞 年間作品部門」で『モンスターハンター 4』(カプコン)とともに大賞に選ばれた『妖怪ウォッチ』(レベルファイブ)
  • 『東京ゲームショウ2014』の内観
  • 『東京ゲームショウ2014』の内観
  • 『東京ゲームショウ2014』の内観
  • 『東京ゲームショウ2014』の内観
  • 『東京ゲームショウ2014』の内観
  • 『東京ゲームショウ2014』の内観
  • 『東京ゲームショウ2014』メインビジュアル
タグ

オリコントピックス