『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』観戦記

 8月15、16の両日、北海道・石狩の大地で毎夏恒例の『RISING SUN ROCK FESTIVAL2014 in EZO』が開催され、80.5万平米の敷地内に設置された7つのステージに110組を超えるアーティストが出演。好天に恵まれ、2日間で延べ6万人=15(金)2万7000人、16(土)=3万3000人(※主催者発表)の観客が多彩なパフォーマンスに酔いしれた。

【写真】その他の写真を見る


 初日、入場口前にいきなりSCOOBIE DOが登場し、シークレットのウェルカム・パフォーマンスに観客のテンションもあがる。サンステージではトップバッターのレキシが「きらきら武士」で汗だくで煽る。怒髪天の増子直純ら多彩なゲストも交えた賑やかなステージでフェスの幕を切って落とした。

 カーネーションとともに登場した森高千里や、アーステントでキャパの倍以上の観客を熱狂させた木村カエラが華やかなオーラを放ち、ユニコーン、ケツメイシ、電気グルーヴ、The Birthdayらが熱いステージを繰り広げる。シーナ&ザ・ロケッツは、ライブの空気を一瞬の呼吸で自分のフィールドにさらって行く手練の技を見せた。

 深夜のキャンパー向けプログラムでは、OKAMOTO’S、奥田民生、チバユウスケ、甲本ヒロト、真島昌利、シーナ&ザ・ロケッツ、仲井戸“chabo”麗市らがかわるがわる迫真のプレイでぶつかり合う贅沢なセッションで見事なロックンロール・ショーを展開。フェスならではの醍醐味を味わわせた。

 二日目は北海道出身の爆弾ジョニーがオープニングアクトを務め、エレファントカシマシ、氣志團と続く。ゲスの極み乙女。、テスラは泣かない。ら気鋭のバンドがそれぞれ活きの良い音を響かせる一方、9mm Parabellum Bullet、ONE OK ROCK ら成長著しいバンドは旬のパワーを炸裂させる。Ken Ken、ムッシュかまやつ、山岸竜之介 feat 金子マリという10代から70代までが世代を超えて奏でるファンキーなサウンドも観客を喜ばせた。

 この日レッドスターカフェに登場したT字路sという男女のユニット。ハスキーなダミ声と巻き舌で、がなりたてるようなブルースを聴かせる。ウェットな部分とドライな部分が不思議に調和して、爽快感すら漂う独特の世界を創り上げ強烈な印象を残した。

 深夜になってもDragon Ash、山下達郎、サカナクションと、ビッグネームのステージが続き、フェスの熱は冷めることを知らない。最後はUA、原田郁子をヴォーカルに迎えて、美しい朝日とともにフィッシュマンズが締めくくり、数々の名演、アートやパフォーマンス、アトラクションに彩られたフェスの幕を大成功のうちに閉じた。

 フェス全体を振りかえってみれば、粗削りながらさまざまな可能性を伺わせる新進気鋭のアーティストが今年も多数登場した。脂の乗り切った、旬の勢いが止まらないアーティストはステージ上でそのパワーを爆発させる。そしてベテラン勢は手練の技で一気に観客の呼吸をさらっていく。各人各様のステージングは、アグレッシブだったり、ほんわかまったりだったり、ぴりっとスパイシーだったりとそれぞれが味わい深く、楽しみ方も一様ではない。観客の年齢層も広がり、年配層や家族連れも一段と増えたようだ。フェスが観客を育て、観客もまたフェスを育てながら、年々歴史のページを増やしていく。それは音楽だけではなく、ひとつの文化の進化でもあると思う。
(文責:音楽ジャーナリスト 内記 章)



関連写真

  • 『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』は晴天に恵まれた
  • 『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』
  • 山下達郎=『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』(撮影:三浦麻旅子)
  • FOLKS=『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』(撮影:原田直樹)
  • T字路s=『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』(撮影:久保憲司)
  • キュウソネコカミ=『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』(撮影:小川舞)
  • SCOOBIE DO=『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』(撮影:原田直樹)
  • レキシ=『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』(撮影:小川舞)

オリコントピックス